_

_


OK

OK
0:00:00.0 個?投資家の皆さまへ 東京海上グループの経営戦略 挑戦 2016年9?6? 取締役社?グループCEO 永野 毅 成? 1 (証券コード?8766) 0:01:11.5 ?次 1. 東京海上グループの概要 2. これまでの「挑戦」と「成?」 3. 「成?」に向けた「挑戦」 ? 中期経営計画 ? グループ?体経営 ? 深掘り ? 先取り ? 拡がり 4. 株主還元 5. 社会貢献・?材育成 6. 参考資料 ………… P. 4 ………… P. 9 ………… P. 13 ………… P. 14 ………… P. 18 ………… P. 19 ………… P. 30 ………… P. 33 ………… P. 40 ………… P. 48 ………… P. 58 3 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 1 東京海上グループの概要 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 4 0:02:00.9 現在の東京海上グループ 世界38の国・地域、483都市で 「安?」と「安全」をお届けするグローバル保険グループ 欧州 ?本 <東京海上グループの主な会社> ?会社245社および関連会社32社 北? 中東 南? インド アジア 収?保険料※ 海外 約35% 約65% 16年度予想 事業別利益※ 国内 海外 約43% 約57% 16年度予想 従業員数 国内 海外 約34% 約66% 16年3?末時点 国内 42,600億円 3,670億円 ※各事業の特性に照らして取組 成果をより適切に?すことを重 視した経営管理指標。国内に は?融・?般事業を含む 36,902名 ※正味収?保険料および?命保険料 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 5 0:03:32.0 東京海上グループの原点 お客様と社会の「いざ」を?えるために、挑戦し成?してきた137年の歴史 1879年に我が国初の保険会社「東京海上保険会社」設? 近代化を?指す?本のために貿易を?える海上保険からスタート 創業当初から世界を視野に?れた事業を展開 数々の新しい保険の開発 お客様や社会の「万が?」のときや、 新たな?歩を踏み出す「挑戦」に向き合ってきた 「東京海上保険会社」本社(1887年) Tokio Marine DNA Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 6 0:05:35.0 グループの創業期に活躍した若?社員 ?本の実業家として初めて 「TIME」誌の表紙を飾った各務鎌吉 撮影年?1898年頃 東京海上ロンドン?店のメンバー (前列中央が各務鎌吉・前列左端が平?釟三郎) 出典?「TIME」 May 18, 1931 7 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 0:07:58.0 2 これまでの「挑戦」と「成?」 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 9 0:08:09.4 国内損保事業 1879年の創業以来、国内のお客様に「安?と安全」を?貫してご提供 国内損保市場におけるリーディングカンパニーとして、確固たる事業基盤を構築 東京海上?動 保険料の推移* お客様・社会のニーズの変化を先取りした商品のご提供 1914年 1957年 1998年 2002年 2012年 ?本初の ?動?保険 ?動?保険バッジ (1926年頃) ?本初の 賠償責任保険 業界初 ??傷害補償保険付き ?動?保険 超ビジネス保険 (億円) 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1947 1950 2兆円突破 1985年度 保険料 2012年度 保険料 1兆円突破 1960 1970 1980 1990 2000 2010 2015 (年度) 10 *: 保険料データは「元受正味保険料」 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 0:09:24.5 国内?保事業 1996年の創業以来、?貫してお客様本位のビジネスを追求し、業界屈指のスピードで成? 「?本を代表する?命保険会社」を?指す 東京海上?動あんしん?命 保有契約件数*1の推移 ?寿化社会の「?きるリスク」に向き合った商品群 (万件) 600 500 400 300 200 100 0 1996 *1: 個?保険+個?年?保険 業界第11位 530万件 保有契約件数の年平均伸び率*2 あんしん?命 +12.7% 国内?命保険市場*3 +3.0% 2001 *2: 2000年度?2015年度の年平均成?率 2006 *3: 出典??命保険統計号 2011 2015 (年度) Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 11 0:10:42.5 海外保険事業 2000年度以降に成?を加速 M&Aも活?し、11年で11倍の保険料規模へ拡? 海外保険事業 保険料の推移*1 (億円) 更なる成?と事業の 分散・資本効率の向上 成?市場での 更なる拡? HCC社 デルファイ社 インド?保 フィラデルフィア社 欧?市場での本格展開 18,000 ??系ビジネスへの進出強化 16,100億円 13,040 2016年度予想 16,000 14,000 キルン社 新興国 損保 新興国 ?保 10,745 13,026 12,000 10,000 再保険 事業 先進国 7,343 8,000 6,000 4,139 4,000 2,402 2,000 1,187 3,195 3,626 5,440 5,265 4,997 新興国 (年度) 為替*2 ?ドル/円 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 (予想) 104.2 118.1 119.1 114.1 91.0 92.1 81.4 77.7 86.5 105.3 120.5 120.6 112.6 *1: 正味収?保険料 *2: いずれも12?末時点 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 12 0:12:07.9 3 「成?」に向けた「挑戦」 中期経営計画 To Be a Good Company 2017 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 13 0:12:36.0 中期経営計画において?指す姿 2017年度?通し 持続的な利益成? 修正純利益 4,000億円程度 修正ROE 9%台後半 資本効率の向上 利益成?に応じた 株主リターンの充実 配当の安定的成? <修正純利益とは> 財務会計の利益をベースに、準備?等の調整やのれんの償却費を控除した事業活動からの本源的な損益 <修正ROEとは> 修正純利益÷修正純資産。修正純資産は準備?やのれん等を調整したベース Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 14 0:13:54.0 中期経営計画 - これまでの推移と2016年度予想 修正純利益 修正ROE 3,880億円 3,233億円 2,437億円 1,631億円 6.5% 8.2% 3,519億円 10.5% 9.1% 8.9% 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 予想 前中期経営計画 To Be a Good Company 2017 中期経営計画 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 15 0:14:35.0 中期経営計画 - 戦略 - 環境変化を的確に捉え、成?に繋げる ビジネスモデルの深化 深掘り 国内での?損?体ビジネスモデルの深化、 損害サービス対応?の?度化 変化対応?の強化 先取り 拡がり 新たなリスクをビジネス機会に 変えるためのR&D機能の強化 成?機会の追求 グローバルな成?機会を取り込む 規律ある事業投資の推進 (M&A・事業投資) 経営基盤の?度化 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 16 0:15:34.0 中期経営計画 - 戦略 グローバルネットワーク 共同商品開発 23,064億円 損保 8,744億円 ?保 1,340億円 1,470億円 損保 損保 再保険 欧州 × グループ各社の専?性 Delphiの 資産運??の活? 9,940億円 損保 北? ?本 HCCのノウハウを活? ?損?体の取組 1,240億円 940億円 損保 ?保 アジア スペシャルティ保険の?系顧客への 提供や各社の販売網への相互提供 損害サービスの?度化 地?創? 保険プログラムの共同引受 1,170億円 損保 新たに?まれるリスクやニーズへの挑戦 訪?外国?客(インバウンド) ドローン ?寿化社会 オリンピック・パラリンピック 電?分野の?由化 ロボットやIT等の技術?新 農業分野の改? ?動?の技術?新 コーポレートガバナンス改? 中南? サイバーリスク *数値は保険料(2016年度予想) 地球温暖化 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 17 0:19:02.9 経営基盤の?度化 - グループ?体経営 - 2016年4?に体制変更 ?グローバルに最適な意思決定ができる体制を整備 ?グループ?体経営を強化し、更なるグループ総合?の発揮を?指す グループCEO グループチーフオフィサー 担当部門 事業戦略部 財務企画部 経営企画部 保有企画部 人事部 IT企画部 リスク管理部 CRDO Research and Development CIO Investment CFO Financial CRSO Retention Strategy CHRO Human Resources CITO Information Technology CRO Risk 充実 委員会 主な経営課題 リスク管理、資産運用 IT、保有政策 等 2015年度 CEO会議の 模様 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 18 0:22:09.1 深掘り 国内マーケットにおける持続的な成? 年平均成?率*1 (損保)東京海上?動 約 4% (?保)あんしん?命 約13% 損害保険料 19,663 ?命保険料 18,696 6,455 ?本GDP成?率(名?)*2 21,283 20,367 7,766 8,194 21,350億円 8,744億円 5,665 0.0% 1.7% 1.5% 2.2% 2012年度 *1: 2012年度?2015年度の年平均成?率 *2: (出典)内閣府 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 予想 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 19 0:22:55.5 深掘り 「選ばれる?」を徹底的に?め、お客様?持を?めていく 深掘りを?える当社グループの強み ? 業界唯?の?損?体型商品「超保険」 ? 万が?のときの損害サービス対応? お客様とのつながり 持続的成?の 実現 損害保険 多種? 販売 ?命保険 損保顧客への ?保販売 お客様数 拡? お客様数 20 損保顧客 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 0:24:22.9 深掘り 業界唯?の?損?体型商品「超保険」 ?損?体でお客様をお守りすることが可能 ?動? 損保 ?保 ?災 傷害 死亡 医療 介護 業界唯?の?損?体型商品 「超保険」を開発 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 21 0:25:41.0 深掘り 業界唯?の?損?体型商品「超保険」 ? バラバラの保険を1つにして補償のモレ・ダブりを解消 ? 相談を1つの窓?で ? 「まとめて割引」もご?意 <ご加??覧・イメージ> 終身 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 22 0:26:30.4 深掘り 募集?続きをタブレット上で「いつでも・どこでも・スピーディー」に 商品説明 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 23 深掘り 募集?続きをタブレット上で「いつでも・どこでも・スピーディー」に コンサルティング Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 24 0:26:56.3 深掘り 募集?続きをタブレット上で「いつでも・どこでも・スピーディー」に 契約?続き 商品提案におけるお客様の満?度 94% 61% 従来 タブレット 25 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 0:27:18.7 深掘り 業界唯?の?損?体型商品「超保険」 ?い契約更新率 97.0% 95.7% 通常の?動?保険 超保険?動? 2015年度実績(東京海上?動) 26 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 0:27:55.5 深掘り 業界唯?の?損?体型商品「超保険」 超保険は多くのお客様に?持され、 ご契約世帯数は着実に拡? 200万世帯 突破の?込み 100万世帯突破 50万世帯突破 発売 2002年度 2009年度 2011年度 2016年度 予想 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 27 0:28:29.4 深掘り 万が?のときの損害サービス 東京海上?動 2016年7?現在 東京海上?動 2015年7?現在 291 *東京海上?動 2015年度実績(?動?保険、?災保険、新種保険等の合計) Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 28 0:30:00.0 深掘り 万が?のときの損害サービス ?動?保険の損害サービス全般に関する満?度 どちらとも?えない やや不満 1.6% 3.6% 不満 1.0% ?変不満 1.2% やや満? 6.0% ?変満? 46.0% 満? 40.7% 2015年度 満?度 92.6% 東京海上?動?累計期間2015年4??2016年3? Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 29 0:31:15.7 先取り 新たに?まれるリスクやニーズへの挑戦 新たなリスクやニーズを的確に捉え、 将来の成?に向けた布?を打ちつつ、 持続的な利益成?を?指す ロボットやIT等の技術?新 訪?外国?客(インバウンド) 電?分野の?由化 ドローン ?寿化社会 時間 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 農業分野の改? ?動?の技術?新 世の中の変化 サイバーリスク コーポレートガバナンス改? 地球温暖化 30 オリンピック・パラリンピック 0:32:23.0 先取り 例?訪?外国?(インバウンド)向けの保険・サービス 政府?標 6,000万? 4,000万? 訪?外国?客数の推移* 万? 2,000 1,500 1,000 500 2011 * 出典??本政府観光局 2013 2015 2020 2030年 ?訪?後に加?できる『新型海外旅?保険』を開発 ?『インバウンドビジネス?援サービス』も提供 ?本?国後にスマホで契約可能な新型海外旅?保険と、 団体事業者向け多?語通訳サービス等を2016年7?に発売・提供開始 31 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 0:33:57.0 先取り (件) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1,000 0 例?サイバーリスク保険 サイバー犯罪の検挙件数の推移 8,113 7,334 7,905 8,096 たとえばこんな事故が・・・ ?A社の業務?パソコン数台が 不正なプログラムに感染 ?調査の結果、約10万?分の個?情報が 外部に漏えいしていることが判明 ?情報が漏えいした?部の顧客から、 プライバシーの侵害を理由に 損害賠償請求を提起 原因調査、?舞??払い、損害賠償?等 合計1億7,200万円 5,741 事 故 例 ? 出 2011 2012 2013 2014 2015 (年) 警察庁サイバー犯罪対策 「平成27年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢について」 サイバーリスク保険で“まとめて”補償 損害賠償責任リスク (損害賠償?、争訟費?等) 補償を ?本化? 危機管理対応費?リスク (フォレンジック費?、データ復元費?、コンサルティング費?等) 情報漏えいリスク (損害賠償?、?舞?、危機管理対応費?等の費?) 事業中断リスク(オプション) (喪失利益、営業継続費?等) Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 32 0:35:18.9 拡がり (M&A・事業投資) 海外保険事業戦略 世界の保険市場の8割を占める 欧?先進国市場 成?が?込まれる新興国市場 M&Aも活?しつつ、 地域の成??を取り込む 中南? 7% アジア・中東 8% 再保険 8% 欧州 9% 他 5% デルファイ 14% アジア ?保 6% ?い収益性を確保し、クロスセル等を 通じた更なるシナジーを追求する HCC 22% 正味収?保険料 2016年度予想 16,100 億円 フィラデ ルフィア 21% 北? 62% Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 33 0:36:47.0 拡がり (M&A・事業投資) スペシャルティ保険で世界でも有数の強固な事業基盤を構築 * スペシャルティ保険とは、?般の保険ではカバーされないような、専?性や技術?を必要とする特殊な保険 ?国における東京海上グループの主な会社 110% 米国損保マーケット平均 フィラデルフィア 合算?率の推移 ?特定マーケット(?営利団体、学校、 スポーツ団体等)にフォーカスした 競争?の?いビジネスモデル 100% 90% 80% 10年度 11年度 12年度 13年度 14年度 15年度 110% 米国損保マーケット平均 デルファイ ?労災等の従業員の福利厚?分野に 絞り込んだ競争?の?いビジネスモデル ??い資産運?能? 100% 90% 80% 10年度 11年度 12年度 13年度 14年度 15年度 110% 米国損保マーケット平均 ?医療・傷害保険、農業保険等を?掛ける 世界トップクラスのスペシャルティ保険グループ ?収益性が?く分散の効いたポートフォリオ 100% HCC 90% 80% 10年度 11年度 12年度 13年度 14年度 15年度 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 34 0:38:04.4 拡がり (M&A・事業投資) 新興国では個?分野も積極展開し成?を取り込む 拡?する中間層に対して積極的な広告展開を実施 シンガポール ブラジル 台湾 タイ Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 35 0:39:03.4 拡がり (M&A・事業投資) グローバルネットワークと専?性を活?したシナジー グローバルネットワーク 共同商品開発 × グループ各社の専?性 Delphiの 資産運??の活? 9,940億円 損保 北? 1,340億円 1,470億円 損保 損保 再保険 欧州 23,064億円 損保 8,744億円 ?保 HCCのノウハウを活? ?本 1,240億円 940億円 損保 ?保 アジア スペシャルティ保険の?系顧客への 提供や各社の販売網への相互提供 保険プログラムの共同引受 1,170億円 損保 中南? *数値は保険料(2016年度予想) Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 36 0:40:03.0 拡がり (M&A・事業投資) 例?シンガポール航空ショーにおける取り組み グローバルにグループ各社が連携し、お客様の多様なニーズに対応 欧州 シンガポール 航空ショー2016 アメリカ 航空機関連 賠償責任保険 興?中?保険 シンガポール 動産保険・ 賠償責任保険 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 37 0:41:22.3 拡がり (M&A・事業投資) グループ総合?を活?した国内市場の変?(商品構成) 世の中の変化するニーズに対応し、新種保険の販売を拡? 新種・その他 ?動?(?賠責を含む) ?災 傷害 海上・運送 商品ポートフォリオの変?により 成?を続ける 新種・その他 13% 海外拠点の ノウハウ活? 9% ?動? + ?災 76% 研究開発体制 の強化 69% 1985年 2015年 20XX年 ※データは東京海上?動の正味収?保険料(1985年は東京海上と?動?災の合計値) 出所?「インシュアランス 損害保険特別統計号 昭和59年度決算」 社内資料 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 38 0:43:10.9 拡がり (M&A・事業投資) グローバルにリスク分散が進み、グループ経営基盤はより安定的に 事業別利益* 海外 17% 2006年度 国内 83% 海外 43% 国内 57% 2016年度 予想 従来は?本にリスク(地震・台?等)が集中していたが、 海外に事業を展開することでリスクを分散 国内 ?型台?が多数発? グループとしての補完関係が働いた 海外 *:国内事業には、国内損保事業、国内?保事業および?融・?般事業を含む 国内?保事業の2006年度はTEV、2016年度予想はMCEVベース Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 例えば2015年度は・・・ ?然災害の発?が平年を下回る 39 0:46:24.9 4 株主還元 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 40 0:46:27.4 株主還元ヒストリー ?2015年度まで4期連続の増配を実? ?今期も更なる増配を?込む 135円 1株当たり配当? (予想) 110円 95円 70円 36円 「配当」の安定的成? 2006 機動的な「??株式取得」 2007 2008 2009 - 2010 500億円 2011 - 2012 - 2013 - 2014 500億円 2015 - 2016 (年度) 未定 41 48円 48円 50円 50円 50円 55円 850億円 900億円 500億円 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 0:46:56.5 株主還元?針 修正純利益の推移 4,500 4,000 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1,000 500 (単位?億円) 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 ※2016年度は会社予想数値。2017年度はイメージ。 ?株主還元は配当を基本とし、利益成?に応じて?める ?修正純利益の過去5年平均の35%以上が配当性向の?安 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 42 0:47:50.0 利益成?に応じた増配 修正純利益の推移 4,500 4,000 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1,000 500 (単位?億円) 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2015年度1株当たり配当? 110円 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 43 0:48:20.9 利益成?に応じた増配 修正純利益の推移 4,500 4,000 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1,000 500 (単位?億円) 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 ※2016年度は会社予想数値 2016年度1株当たり配当? 135円 (予想) Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 44 0:48:54.0 利益成?に応じた増配 修正純利益の推移 4,500 4,000 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1,000 500 (単位?億円) 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 ※2016年度は会社予想数値。2017年度はイメージ。 2017年度1株当たり配当? ???円 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 45 0:49:26.9 株主還元ヒストリー ?2015年度まで4期連続の増配を実? ?今期も更なる増配を?込む 135円 1株当たり配当? (予想) 110円 95円 70円 36円 「配当」の安定的成? 2006 機動的な「??株式取得」 2007 2008 2009 - 2010 500億円 2011 - 2012 - 2013 - 2014 500億円 2015 - 2016 (年度) 未定 41 48円 48円 50円 50円 50円 55円 850億円 900億円 500億円 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 0:50:11.5 安定した配当をベースとした株主リターン?配当利回り 配当利回りも継続的に上昇 4.5% 4.0% 3.5% 3.0% 2.5% 2.0% 1.5% 1.0% 0.5% 0.0% 2006年4? 2007年4? 2008年4? 2009年4? 2010年4? 2011年4? 2012年4? 2013年4? 2014年4? 2015年4? 2003年4? 2004年4? 2005年4? 2016年4? 予想配当利回り*の推移 (8/31時点) 3.3% *会社発表の予想年間配当額 ÷ 株価 出所?Bloomberg Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 46 0:50:29.2 安定した配当をベースとした株主リターン?株主総利回り 2002年の上場来、累積で2倍を上回る株主総利回り* 350 300 250 200 150 100 50 2002年4? 2003年4? 2004年4? 2005年4? 2006年4? 2007年4? 2008年4? 2009年4? 2010年4? 2011年4? 2012年4? 2013年4? 2014年4? 2015年4? 2016年4? (8/31時点) 2002年4?1?に「100」投資を?った場合の株主総利回り(配当+キャピタルゲイン) 251 (8/31時点) TOPIX 160 *株式投資によって得られた収益(配当+キャピタルゲイン)÷ 株価 出所?Bloomberg Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 47 0:50:55.2 5 社会貢献・?材育成 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 48 0:50:57.5 本業を通じたCSR 東京海上グループのCSR?針 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 49 0:51:16.0 CSR 安?・安全をお届けする ? ぼうさい授業 - 「保険事業を通じて培った防災の知識を ?どもたちのために?かしたい」 「ぼうさい授業」 全国で延べ約210校、約1万6,300名の?どもたちが受講。(2016年3?末時点) 主に地震や津波の起こる仕組みと備えについて分かりやすく説明。地域の災害想定に合わ せた話題も取り上げています。 未来の安?・安全の?助けとなることを?指して、 今後も活動を広げていきます。 ?常持ち出し袋に備えておきたいグッズを 紹介。各家庭で準備をしておくことの? 切さを呼びかけました。 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 50 0:51:38.0 CSR 地球を守る ? マングローブ植林プロジェクト - 「マングローブが地域にもたらす価値を 100年先にもつなげていきたい」 マングローブ植林プロジェクト 東南アジア等で累計9,474ヘクタール植林(2016年3?末累計) (100m幅でほぼ新幹線の東京駅から??県新岩国駅まで) 累計約350億円の経済価値*を創出、マングローブの森や その周辺に住む約125万?の?々に影響をもたらしています。 マングローブ植林は、「地球の未来にかける保険」 <マングローブ植林に関する取り組み> エビの養殖池が放棄された?地 (ベトナム) 修復され森になったマングローブ マングローブの恵みによって 漁獲も豊かに(タイ・ラノーン県) *?1994年4??2014年3?末累計 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 51 0:51:56.4 CSR ?を?える ? スペシャル・オリンピックス?本への?援 - 「すべての?が安?して暮らし、 活躍できる社会を作りたい」 スペシャル・オリンピックス?本への?援 2005年より公式スポンサーとして、資?・ボランティアによる?援を実施 延べ約740名のグループ社員やその家族がボランティアとして参加 様々な?援を通じて、 障がい者スポーツのさらなる発展を?援していきます。 スペシャル・オリンピックス?本の「エール募?」への募?者とアス リートの双?に贈られるミサンガ。 2015年度は延べ約1,600名がミサンガづくりのボランティア活 動に参加しました。 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 52 0:52:19.1 東京海上?動?東京2020ゴールドパートナー(損害保険) 2020年、夏。 東京にオリンピック・パラリンピックがやってきます。 それは選?たちだけでなく、 この国で暮らす私たちひとりひとりにとっても、 ?きな挑戦になるでしょう。 4年後、?本中のたくさんの努?が実り、 世界が驚く?会になるように。さすがJAPAN?と?われるように。 東京海上?動は、すべての挑戦を応援します。 * 「東京2020ゴールドパートナー」は「東京2020スポンサーシッププログラム」の中で、国内最??準に位置づけられているものです Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 53 0:53:08.4 グループを?える「?材の?」 多様な「?材の?」を競争?の源泉として、 持続的に企業価値を?め、“Good Company”を?指します ? 「ダイバーシティ経営(*)」によって企業価値向上を果たした企 業を経済産業省が選定 (*)多様な?材を活かし、その能?が最?限発揮できる機会を提供する ことで、イノベーションを?み出し、価値創造につなげている経営 ? ?性の活躍推進に優れた上場企 業を、経済産業省と東京証券取 引所が共同で選定 ? 2013年度に続き2度?の選定 ? 従業員等の健康管理を経営的な視点で 考え、戦略的に取り組んでいる企業を経済 産業省と東京証券取引所が共同で選定 ? 業種区分毎(1業種で1社)に選定 40 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 54 0:54:14.4 ?性の活躍推進 ?東京海上?動での取り組み3つのK ?「期待して」、「鍛えて」、「活躍する機会と場を与える」 広がる?性社員の活躍の場 営業第?線での?性の活躍 ? ?性社員が保険代理店の営業担当となり、代理店経営や保 険販売をサポート ? 営業?の強化がマーケットシェア拡?にも貢献 <エリアコース営業担当者数とマーケットシェア> 1800 1600 1400 1200 1000 800 600 400 200 0 ?性社員のアイディアを活かした商品 ちょいのり保険 ? ?性社員が商品企画コンペで提案 ? ?分の?を持たない若年層のニーズを捉えた、1?単位で加?でき る新しいカタチの保険 ? 累計販売件数215万件(16年3?末時点) ? 2011年?経優秀製品・サービス賞において最優秀賞を受賞 約1,700名 マーケットシェア 28.0% 27.5% 27.0% 26.5% 26.0% 120名 2008年 2010年 2012年 2014年 2015年 キャリアアップを?指す?性たちを?援する各種制度 札幌 Uターン異動 転勤がない「エリアコース」社員も?らの選択で積極 的に転勤し、キャリアを積むことができる制度 Uターン異動 ? 元の勤務エリアへ戻ることを条件に、転居を伴う転 勤を実施 Iターン異動 ? 結婚や親・配偶者の転勤などに伴い、勤務エリア を変更 短時間勤務制度 ? 妊娠時より?が?学校3年?の3?末を迎えるまで、 勤務時間を1?あたり最?3時間まで短縮可能 2013年度 利用者 730名 2014年度 830名 2015年度 909名 東京 福岡 Iターン異動 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 55 0:55:15.4 「いざ」というとき、お役に?ちたい。 万が?のときも、新たな?歩を踏み出すときも。 お客様と社会のあらゆる「いざ」を?える、強くやさしい存在でありたい。 この思いを?々の?動として積み重ね、すべての?や社会から信頼される 良い会社“Good Company”を?指し、挑戦を続けてゆきます。 56 0:56:47.7 57 0:57:47.5 東京海上?動 常務執?役員 柴崎博? 1988年 1989年 1? 1999年 2003年 2007年 2008年 2009年 2010年 2012年 2015年 7? 7? 7? 7? 7? 7? 6? 4? 総合職へ転換 本店営業推進部 本店営業開発部主任 ?東京?店・?川?社?代理 横浜中央?店・新横浜?社? お客様の声部部? 理事 お客様の声部? 理事 品質改善部部? 理事 福岡中央?店? 執?役員 福岡中央?店? 常務執?役員(現職) 6 参考資料 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 58 参考資料 ・中期経営計画・グループ経営フレームワーク ・主要経営指標 ・株主還元の状況 ・当社上場以降の株価推移 ・東京海上グループのポジション(時価総額ランキング) ・東京海上グループの健全性(格付情報) ・当社ホームページのご案内 Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 59 中期経営計画・グループ経営フレームワーク 「リスクベース経営」を基軸に健全性を確保しつつ、環境変化の中でも利益成?と資本効率を持続的に?めていく 資本・資?の創出 各事業での持続的利益成?の実現・ リスクポートフォリオ改善 【各事業での持続的利益成?の実現】 ? 国内損保 ? グループの中核事業として利益成? ? 国内?保 ? 成?ドライバーとして健全性を維持しながら利 益成? ? 海外保険 ? 成?ドライバーとしてグローバルにリスク 分散しながら利益成? 資本・資?の有効活? 【成?に向けた投資】 ? 資本効率の?い新規事業投資 ? 将来の収益基盤構築に向けた先?投資 リスクベース経営 [ ERM ] 【株主還元】 ? 利益成?に応じた配当の増額 ? 機動的な??株式取得による適正資本 ?準への調整 【リスクポートフォリオの改善】 ? 政策株式のリスク削減 ? ?然災害リスクのコントロール強化 事業ポートフォリオの分散 による資本効率の向上 健全性確保 + ROE向上 + 持続的利益成? Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 60 主要経営指標 2006年度  当期純利益  税引後自己資本  財務会計  EPS  BPS  ROE  PBR  修正純利益  修正純資産  経営指標  修正EPS  修正BPS  修正ROE  修正PBR  国内損保事業  事業別利益 *2 2007年度 1,087億円 25,635億円 133円 3,195円 3.6% 1.15 994億円 151億円 297億円 ▲ 10億円 600億円 2008年度 231億円 16,278億円 29円 2,067円 1.1% 1.16 51億円 ▲ 572億円 208億円 ▲ 211億円 500億円 2009年度 1,284億円 21,690億円 163円 2,754円 6.8% 0.96 462億円 520億円 765億円 ▲ 94億円 950億円 2010年度 719億円 18,865億円 92円 2,460円 3.5% 0.90 204億円 275億円 248億円 ▲ 7億円 1,870億円 2011年度 60億円 18,396億円 7円 2,399円 0.3% 0.95 307億円 23,016億円 40円 3,001円 1.3% 0.76 ▲ 261億円 159億円 ▲ 119億円 26億円 2,060億円 2012年度 1,295億円 23,407億円 168円 3,052円 6.2% 0.87 1,631億円 27,465億円 212円 3,580円 6.5% 0.74 483億円 1,103億円 692億円 ▲ 187億円 1,150億円 2013年度 1,841億円 27,127億円 239円 3,536円 7.3% 0.88 2,437億円 31,725億円 317円 4,135円 8.2% 0.75 340億円 1,045億円 1,369億円 25億円 1,090億円 2014年度 2,474億円 35,787億円 323円 4,742円 7.9% 0.96 3,233億円 41,034億円 423円 5,437円 8.9% 0.83 1,225億円 1,398億円 1,455億円 40億円 1,120億円 2015年度 2,545億円 34,847億円 337円 4,617円 7.2% 0.82 3,519億円 35,993億円 466円 4,769円 9.1% 0.80 1,260億円 ▲ 1,881億円 1,318億円 73億円 1,220億円 *1 930億円 33,984億円 112円 4,128円 2.8% 1.06 890億円 482億円 286億円 38億円 450億円 株主還元の状況 2006年度 1株あたり配当金 配当金総額 36円 298億円 2007年度 48円 387億円 2008年度 48円 380億円 2009年度 50円 394億円 2010年度 50円 386億円 2011年度 50円 383億円 2012年度 55円 422億円 2013年度 70円 537億円 2014年度 95円 722億円 2015年度 110円 830億円 2016年度 (予想) 135円 1,018億円 自己株式取得*1 株主還元総額 850億円 1,148億円 900億円 1,287億円 500億円 880億円 394億円 500億円 886億円 383億円 422億円 537億円 500億円 1,222億円 830億円 未定 未定 修正純利益 平均的な修正純利益 配当性向*2 <参考1:財務会計ベース> 連結当期純利益 配当性向 <参考2:過去の経営指標> 修正利益 修正利益(除くEV) 平均的な修正利益 *3 (除くEV) 配当性向*2 1,697億円 1,215億円 900億円 33% 1,432億円 ▲ 525億円 1,281億円 1,000億円 39% 47億円 800億円 48% 1,654億円 1,134億円 850億円 46% 930億円 32% 1,087億円 36% 231億円 165% 1,284億円 31% 719億円 54% 307億円 1,631億円 2,437億円 3,233億円 3,519億円 2,200億円 38% 3,880億円 2,900億円 35% 2015年度から修正純利益を使用(2011~14年度の修正純利益はその際に過去分として算出したもの) 2006年度から2014年度の指標は<参考2>のとおり 60億円 639% 1,295億円 33% 1,841億円 29% 2,474億円 29% 2,545億円 33% 2,650億円 38% 720億円 ▲ 195億円 445億円 ▲ 354億円 800億円 48% 800億円 48% 2,091億円 988億円 850億円 50% 2,781億円 1,736億円 1,100億円 49% 4,120億円 2,722億円 1,550億円 47% *1: 取得年度ベース。2006年度は日新火災との株式交換分578億円を除く *2: 2014年度までは平均的な修正利益(除くEV)対比、2015年度以降は平均的な修正純利益対比 *3: 東日本大震災・タイ洪水による影響を除く Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 62 当社上場以降の株価推移 <当社上場時(2002年4?2?)の当社株価を100としての推移を指数化> 2003年7?以降、TOPIXを上回っている 300 250 200 150 TOPIX 2007年6?11? 5,450円 上場来最?値 2002年4?2? 2,000円 上場初値 2016年8?31? 4,064円(終値) 100 50 0 '02/4 '03/4 '04/4 '05/4 '06/4 '07/4 '08/4 '09/4 ?融危機 '10/4 '11/4 東?本 ?震災 '12/4 '13/4 '14/4 '15/4 '16/4 出所?Bloomberg JPX?経インデックス400の構成銘柄に選定される ? 資本の効率的活?や投資者を意識した経営観点など、 グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした 「投資者にとって投資魅?の?い会社」 で構成される 新しい株価指数 ? ROE・営業利益・時価総額の3点で評点し、 企業統治など定性的評価も加味 63 JPX?経インデックス400とは Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 東京海上グループのポジション ?本の?融機関 (時価総額ランキング) 世界の保険会社 単位?億円 単位?億円 順位 1 2 3 4 ゆうちょ銀? 社名 三菱UFJフィナンシャル・グループ 三井住友フィナンシャルグループ みずほフィナンシャルグループ 時価総額 79,926 54,720 51,202 45,619 順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 中国平安保険 中国?寿保険 AIA アリアンツ AIG チャブ アクサ ING メットライフ 社名 バークシャー・ハサウェー 時価総額 382,181 97,371 87,644 78,293 69,753 65,948 61,117 51,222 50,265 49,153 47,533 39,507 36,246 36,156 35,908 35,272 31,421 31,053 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 東京海上ホールディングス オリックス MS&ADホールディングス 野村ホールディングス 第??命 三井住友トラスト・ホールディングス    損保ジャパン?本興亜ホールディングス かんぽ?命保険 りそなホールディングス ?和証券グループ本社 ?本取引所グループ T&Dホールディングス アコム コンコルディア・フィナンシャルグループ  ソニーフィナンシャルホールディングス  スルガ銀? 静岡銀? 千葉銀? 新?銀? セブン銀? 三菱UFJリース あおぞら銀? 東京センチュリーリース イオンフィナンシャルサービス ふくおかフィナンシャルグループ オリエントコーポレーション 30,785 19,695 18,697 18,627 17,245 14,454 13,773 13,116 10,997 10,573 8,872 8,044 7,901 6,940 6,181 5,712 5,666 5,366 4,538 4,360 4,344 4,329 4,142 3,972 3,765 3,539 プルデンシャル(英) チューリッヒ マーシュ&マクレナン 中国太平洋保険 プルデンシャル(?) トラベラーズ アフラック スイス再保険 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 東京海上ホールディングス AON ミュンヘン再保険 マニュライフ オールステート 中国??財産保険 グレート・ウエスト SAMPO AVIVA サン・ライフ・ファイナンシャル ジェネラリ プログレッシブ 30,785 30,500 29,766 28,422 26,536 25,824 24,944 24,361 23,380 20,242 20,223 19,604 出所?Bloomberg(2016年8?31?現在) Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 64 東京海上グループの健全性 S&P AAA AA+ AA (保険財務?格付) (格付情報*) Moody's Aaa (保険財務格付) A.M.Best A++ (財務格付) ? 東京海上?動 ? バークシャー・ハサウェー ? バークシャー・ハサウェー ? チャブ ? トラベラーズ ? ? ? ? ? ? アリアンツ チューリッヒ メットライフ ミュンヘン再保険 プルデンシャル(?) スイス再保険 ? ? ? ? ? ? マニュライフ アフラック グレート・ウエスト オールステート 三井住友海上 損保ジャパン?本興亜 ? バークシャー・ハサウェー ? アリアンツ ? プルデンシャル(英) ? トラベラーズ ? グレート・ウエスト ? チャブ Aa1 Aa2 格付定義 A 健全性 ? トラベラーズ ? 東京海上?動 AA? ? ? ? チューリッヒ AIA ミュンヘン再保険 オールステート ? ? ? ? プルデンシャル(?) スイス再保険 マニュライフ 中国?寿保険 A+ Aa3 ? ? ? ? ? ? ? チャブ アリアンツ チューリッヒ AIA アクサ メットライフ スイス再保険 ? ? ? ? ? ? ミュンヘン再保険 アフラック グレート・ウエスト オールステート プルデンシャル(英) 中国?寿保険 ? 東京海上?動 A+ ? ? ? ? ? 三井住友海上 損保ジャパン?本興亜 アクサ アフラック メットライフ ? マニュライフ ?三井住友海上 ? 損保ジャパン?本興亜 ? プルデンシャル(?) A1 * 海外の保険グループに関しては 主要?会社の格付けを表? AAA AA 保険契約債務を履?する能?は極めて?い 保険契約債務を履?する能?は?常に?い 最上位の格付け(「AAA」)との差は?さい 保険契約債務を履?する能?は?いが、 上位2つの格付けに?べ、事業環境が悪化した 場合、その影響をやや受けやすい Aaa Aa A 信??が最も?く、信?リスクが最低?準 信??が?く、信?リスクが極めて低い 信??が中級の上位であり、信?リスクが低い A++ A+ A Excellent Superior 出所?Bloomberg(調査??2016年8?31?) Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 65 当社ホームページのご案内 東京海上HD 検 索 http://www.tokiomarinehd.com/ Copyright (c) 2016 Tokio Marine Holdings, Inc. 66 < ご注意 > 本資料は、現在当社が??している情報に基づいて、当社が本資料の作成時点に おいて?った予測等を基に記載されています。 これらの記述は将来の業績を保証するものではなく、?定のリスクや不確実性を 内包しております。 従いまして、将来の実績が本資料に記載された?通しや予測と?きく異なる可能性が ある点をご承知おきください。 お問い合わせ先 東京海上ホールディングス株式会社 経営企画部 広報IRグループ E-mail: URL: www.tokiomarinehd.com Tel: 03-3285-0350 20160901 68 個?投資家の皆さまへ 東京海上グループの経営戦略 挑戦 2016年9?6? 取締役社?グループCEO 永野 毅 成? 1 (証券コード?8766) 1:04:49.5 1:04:52.2 1:05:37.9 1:06:54.5 1:09:22.7 1:13:09.9 1:14:00.9 1:16:30.9 1:17:18.1 1:20:19.0 1:25:30.6 1:25:53.6 1:29:12.5 永野 毅 取締役社長グループCEO