_

_


OK

OK
0:00:00.0 2018年5月15日 2018年3月期決算 説明資料 【将来の見通しについて】 本資料は、既存の情報や様々な動向についての現時点における分析を反映しています。 実際の業績は事業に及ぼすリスクや不確定な事柄により、将来の見通しやこれに関する値と 異なる可能性がありますことをご承知おきください。 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 1/30 0:00:17.9 目次 1. 2018年3月期 業績の概況 2. 事業別業績と2019年3月期の取組み ? 医療用医薬品等卸売(メディセオ)事業‐既存事業 ? 医療用医薬品等卸売(メディセオ)事業‐新規事業 ? 化粧品・日用品、一般用医薬品卸売(PALTAC)事業 3. 2019年3月期 業績予想 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 2/30 0:00:53.0 中期ビジョンの戦略を着々と推進 2019メディパル中期ビジョン 革新と創造 〈最終年度〉 〈2年目〉 2018年3月期 2019年3月期 〈1年目〉 2017年3月期 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 3/30 0:01:24.8 1. 2018年3月期 業績の概況 業績の概況 連結業績は過去最高益を更新 メディセオ事業 (増収増益) 【要因】 ・既存事業の効率化 ・新規事業の拡大 PALTAC事業 (増収増益) 【要因】 ・インストアシェア拡大 ・物流の生産性向上 アグロ・フーズ事業 (増収増益) 【要因】 ・広域大手顧客との取引拡大 ・提案営業の推進 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 4/30 0:01:58.3 1. 2018年3月期 業績の概況 連結損益計算書 〈単位:億円〉 2017年3月期 2018年3月期 計 画 金 額 売上比 金 額 実 績 売上比 前期比 計画比 金 額 売上比 売 上 高 30,639 2,190 1,793 396 533 290 7.15% 5.86% 1.29% 1.74% 0.95% 31,160 2,306 1,871 435 570 335 7.40% 6.00% 1.40% 1.83% 1.08% 31,463 2,281 1,838 442 573 347 7.25% 5.84% 1.41% 1.82% 1.11% +2.7% +1.0% +4.1% +2.5% -1.1% -1.7% 売上総利益 販 管 費 営 業利 益 経 常利 益 親会社株主に 帰属する 当期純利益 +11.6% +1.7% +7.5% +0.6% +19.9% +3.8% 5/30 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 0:02:28.0 1. 2018年3月期 業績の概況 2. 事業別業績と2019年3月期の取組み ? 医療用医薬品等卸売(メディセオ)事業‐既存事業 ? 医療用医薬品等卸売(メディセオ)事業‐新規事業 ? 化粧品・日用品、一般用医薬品卸売(PALTAC)事業 3. 2019年3月期 業績予想 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 6/30 0:02:37.5 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業) 医療用医薬品等卸売事業(メディセオ事業)の業績 〈単位:億円〉 2017年3月期 2018年3月期 計 画 金 額 売上比 金 額 実 績 売上比 前期比 計画比 金 額 売上比 売 上 高 20,851 1,395 1,208 186 302 208 6.69% 5.80% 0.90% 1.45% 1.00% 20,960 - 21,196 1,433 1,238 194 300 248 6.76% 5.84% 0.92% 1.42% +1.7% +2.7% +2.5% +4.1% -0.6% +1.1% -2.8% -2.4% -5.2% -4.1% +2.0% 売上総利益 販 管 費 1,475 7.04% 1,270 6.06% 205 0.98% 314 1.50% 244 1.16% 営業利益 経常利益 親会社株主に 帰属する 当期純利益 1.17% +19.5% ※ご参考:医薬品市場 +0.2% (2018年3月期 クレコンR&C速報値) 7/30 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 0:02:57.4 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-既存事業) 医療用医薬品の売上構成比 (金額ベース) 後発医薬品:拡大が続く 新薬加算品:薬価改定で縮小 2017/3期 2018/3期 2018.4.1~ (薬価改定後) 長期収載品 長期収載品 新薬加算品 長期収載品 新薬加算品 22.3% 後発医薬品 35.7% 21.2% 後発医薬品 36.1% 21.4% 後発医薬品 新薬加算品 28.0% 11.5% 一般品、他 12.6% 一般品、他 12.5% 一般品、他 30.4% 30.1% 38.1% ※「一般品、他」は、新薬創出加算以外で特許を有する医薬品です。 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 8/30 0:03:20.2 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-既存事業) メディセオ事業の取組み いかなる環境下でも成長を持続するために“筋肉体質”へ 【業界共通のテーマ】 流通改善 【独自の取組み】 単品単価契約 早期妥結 一次売差マイナスの是正 既存 事業 物流 営業 生産性の拡大へ 新規 事業 AR 使用成績 調査 PFM R 海外事業 飛躍的な成長へ 9/30 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 0:03:45.8 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-既存事業) 物流戦略:ALC (Area Logistics Center)による生産性向上 ALCの全国展開(現在9か所⇒将来12か所) ALC(高機能物流センター) ◎ ・・・次世代型ALC(3か所) ・・・従来型ALC(6か所) ・・・計画中のALC(3か所) ※仮称 札幌ALC 東北ALC 岡山ALC 広島ALC 阪神ALC ◎ ◎ 福岡ALC 南大阪ALC ◎ 関東ALC 埼玉ALC 名古屋ALC 神奈川ALC 南東京ALC All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 10/30 0:04:16.2 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-既存事業) 営業機能の強化 MR数は減少 ⇒ARの活躍の場が拡大 MRの推移 MR: Medical Representatives 68,000 2500 AR(MR認定試験合格者) AR: Assist Representatives 2,168 名 66,000 65,752 名 63,185 名 2000 64,000 1500 62,000 1000 60,000 500 58,000 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 0 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 ※出典:MR白書 ※退職者を除く、累計合格者数(2018年3月末現在) All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 11/30 0:04:50.8 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-既存事業) 新規事業関連商品の売上高 自らの力で市場を創造する (累計売上高:億円) 100 80 88 65 60 40 20 0 1Q 2Q 3Q 4Q (2018年3月期) 12/30 39 17 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 0:05:22.0 1. 2018年3月期 業績の概況 2. 事業別業績と2019年3月期の取組み ? 医療用医薬品等卸売(メディセオ)事業‐既存事業 ? 医療用医薬品等卸売(メディセオ)事業‐新規事業 ? 化粧品・日用品、一般用医薬品卸売(PALTAC)事業 3. 2019年3月期 業績予想 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 13/30 0:05:30.4 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-新規事業) 新規事業の振り返り ヘルスケア市場における 社会貢献と利益創出をめざす! 2018年3月:クリニカル・プラットフォーム㈱と資本提携 2018年1月:JCR USA, Inc. (合弁会社)を設立 2017年9月:JCRファーマ㈱と業務資本提携 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 14/30 0:06:13.7 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-新規事業) 新規事業の実績と目標 新規事業 ARプロモーション PFMR 使用成績調査 (PMS) 2018年3月期 実績 17億円 (7社) 6億円 (7社17品目) 4億円 (5社5品目) ▲3億円 2019年3月期 目標 25億円 (7社) 11億円 (8社22品目) 11億円 (6社9品目) 3億円 PRESUSR、他 合 計 24億円 50億円 PFM R (Project Finance & Marketing)・・・医薬品等の開発投資と安定供給を組み合せたビジネスモデル。 PMS (Post Marketing Surveillance)・・・医薬品の使用成績調査のことで、その受託事業。 PRESUS R (Pharmacy Real-time Support System)・・・調剤薬局向け経営サポートシステム。 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 15/30 0:06:26.4 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-新規事業) 使用成績調査(PMS):取組み状況 累計調査数は 12,000症例に拡大 (2018年4月末日現在) (累計調査数) 12,000 MS / ARの連携 正確で効率的な PMSを実現 2014.7月PMSスタート All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 16/30 0:06:54.6 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-新規事業) PFMR:着実な活動で治療に貢献 患者様に新しい治療の選択肢を提供 ノベルジン ~ノーベルファーマ 適応症:低亜鉛血症に伴う諸症状の改善 ⇒「亜鉛補充療法」の認知度向上 【売上の推移】 テムセルHS注 ~JCRファーマ 適応症:急性移植片対宿主病(急性GVHD) ⇒納入施設数は55に拡大 250 【症例数の推移(累計)】 適応症追加後、 売上は10倍以上に 200 症例数は229に 150 適応症追加 100 50 3月 6月 9月 12月 2018.3月 3月 6月 9月 12月 2018.3月 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 17/30 0:07:22.3 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-新規事業) ノーベルファーマへの出資比率を20%へ 営業・物流・資金面で多角的に協力 7%⇒20%まで株式を追加取得(2018年5月) 持分法適用会社に 代 表 者:代表取締役社長 塩村 仁 資 本 金:1,171万円 主要製品:ルナベルULD(月経困難症)、ノベルジン(低亜鉛血症) パイプライン:希少疾病用医薬品を中心に7品目 業績(2017年12月期):売上高72億円 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 18/30 0:08:02.8 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-新規事業) PFM R :今後の主な発売予定 開発促進と安定供給を通じて社会に貢献 発売予定 2018年後半 2018年後半 2019年度 商品名 (薬 効) 製造販売元 ノーベルファーマ JCRファーマ JCRファーマ ジェミーナ配合錠 (月経困難症治療薬) JR-051 (ファブリー病治療薬 ※1 、ファブラザイムのBS) JR-141 (血液脳関門通過型ハンター症候群治療薬 ※2 ) ※1、※2 :本資料最終ページのご参考をご覧ください。 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 19/30 0:09:16.4 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-新規事業) 海外事業の展開 国薬HD 三菱商事 JCRファーマ 業務資本提携 業務提携 メディパル 「北京華鴻」 「天星普信」に 20%ずつ出資(2009年、2013年) メディパル 「JCR USA, Inc.」に 35%出資 (2018年) 20/30 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 0:09:58.4 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(メディセオ事業-新規事業) クラウド電子カルテ事業における協業 新たな“医療プラットフォーム”の 構築をめざす! クリニカル・プラットフォーム クラウド電子カルテ ・開発力 エムティーアイ スマートフォン(アプリ) ・ユーザー:1200万人 メディパル ・全国医療機関との ネットワークや営業力 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 21/30 0:10:25.0 1. 2018年3月期 業績の概況 2. 事業別業績と2019年3月期の取組み ? 医療用医薬品等卸売(メディセオ)事業‐既存事業 ? 医療用医薬品等卸売(メディセオ)事業‐新規事業 ? 化粧品・日用品、一般用医薬品卸売(PALTAC)事業 3. 2019年3月期 業績予想 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 22/30 0:10:31.6 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(PALTAC事業) 化粧品・日用品、一般用医薬品卸売事業(PALTAC事業)の業績 〈単位:億円〉 2017年3月期 2018年3月期 計画 金 額 売上比 金 額 実績 売上比 前期比 計画比 金額 売上比 売 上 高 9,220 713 522 191 215 73 7.74% 5.66% 2.07% 2.34% 0.80% 9,600 746 531 215 240 80 7.77% 5.53% 2.24% 2.50% 0.83% 9,666 760 530 229 254 88 7.87% 5.49% +4.8% +6.6% +1.6% +0.7% +1.9% -0.0% +6.9% +6.2% +10.0% 23/30 売上総利益 販 管 費 営 業利 益 経 常利 益 親会社株主に 帰属する 当期純利益 2.38% +20.2% 2.64% +18.1% 0.91% +19.5% ※PALTAC株式の持分比率:50.13% All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 0:11:02.4 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(PALTAC事業) PALTACの取組み 人員生産性2倍 「新物流モデル」の構築へ 1 業界トップ企業として、いち早く新しい技術に着目 2 2016年4月から先行して研究開発に着手 新技術研究・開発部署の設置 技術者採用 融合 既存の 物流ノウハウ 独自ノウハウを 社内に蓄積 ・総勢33名のチーム ・ロボット、センサー、AI (人工知能)技術を導入 開 発 コンセプト 《事例》 従来の仕組み 新しい仕組み ピッキング作業等 50% 歩行 50% ピッキング作業等 100% ※ピッキング作業は、倉庫内作業の70%を占めています。 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 24/30 0:11:25.4 2.事業別業績と2019年3月期の取組み(PALTAC事業) 設備投資と減価償却 新物流モデルの実用化 ⇒ RDC新潟(2018年8月稼働予定) ※RDC (Regional Distribution Center) 化粧品・日用品などを扱うPALTACの大型物流センター ■設備投資 ■減価償却費(売上原価+販管費) ■ RDC新潟 リプレイス 37億円 ■ RDC杉戸(仮称) 用地取得 35億円 (単位:億円) 主な設備投資(建物設備) ■ RDC新潟 リプレイス ■ RDC杉戸(仮称) 36億円 31億円 2019年3月期から 減価償却の方法を定率法から 定額法に変更します。 当該変更により、 減価償却費は、定率法と比べ、 8億円減少する見込です。 150 100 136 50 48 0 2018年3月期 稼働予定 97 45 2019年3月期見込 投資金額(建物設備) 年間出荷能力 RDC新潟 RDC杉戸(仮称) 2018年8月 2019年 冬 73億円 192億円 250億円 1,200億円 25/30 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 0:11:57.0 1. 2018年3月期 業績の概況 2. 事業別業績と2019年3月期の取組み ? 医療用医薬品等卸売(メディセオ)事業‐既存事業 ? 医療用医薬品等卸売(メディセオ)事業‐新規事業 ? 化粧品・日用品、一般用医薬品卸売(PALTAC)事業 3. 2019年3月期 業績予想 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 26/30 0:12:08.2 3. 2019年3月期 業績予想 2019年3月期 連結業績予想 〈単位:億円〉 2018年3月期 連結業績 2019年3月期 連結業績予想 売上比 売上比 増減額 前期比 売 上 高 売上総利益 販 管 費 営業利益 経常利益 親会社株主に 帰属する 当期純利益 31,463 - 31,560 - +97 +0.3% +15 +0.7% -2 -0.1% 2,281 7.25% 1,838 5.84% 442 1.41% 573 1.82% 347 1.11% 154.1円 2,296 7.28% 1,836 5.82% 460 1.46% 600 1.90% 320 1.01% 142.3円 +18 +3.9% +27 +4.6% -27 -8.0% EPS -11.8円 27/30 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 0:12:40.0 3. 2019年3月期 業績予想 事業セグメント別の通期業績予想 〈単位:億円〉 2019年3月期 連結業績予想 (前期比) 売上比 メディセオ事業 (前期比) 売上比 PALTAC事業 (前期比) 売上比 アグロ・フーズ事業 (前期比) 売上比 売 上 高 31,560 (+0.3%) 2,296 1,836 (+0.7%) 7.28% (-0.1%) 5.82% 1.46% 20,930 (-1.3%) 10,000 (+3.4%) (+2.6%) 7.80% (+0.8%) 5.35% (+6.6%) 2.45% (+7.8%) 2.75% 1.04% 670 (+6.2%) 94 (+7.7%) 14.12% 売上総利益 1,422 (-0.8%) 6.79% 780 535 245 275 販 管 費 1,222 200 310 210 (-1.4%) 5.84% (+2.9%) 0.96% (+3.0%) 1.48% (-15.6%) 1.00% 74 11.13% 20 20 13 (+2.6%) 営業利益 460 (+3.9%) 600 320 (+4.6%) 1.90% (-8.0%) 1.01% (+32.2%) 2.99% (+25.8%) 3.10% (+28.6%) 1.94% 28/30 経常利益 親会社株主に 帰属する 当期純利益 104 (+18.2%) All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 0:12:58.9 3. 2019年3月期 業績予想 株主還元方針 配当性向25%を目安に安定配当 〈1株当たり配当金と連結経常利益の推移〉 配当金(円) 今期配当予想 36 40 35 30 25 20 15 10 配当性向(%) 1株当たり配当金(円) 連結経常利益(億円) 連結経常利益 (億円) 1,200 1,000 800 34 31 28 24 551 444 533 573 23 18 315 20 497 396 600 600 400 200 5 0 36.3 12/3期 24.3 13/3期 20.4 14/3期 22.9 15/3期 20.6 16/3期 24.2 17/3期 22.1 18/3期 25.3 0 19/3期 (予想) 2019メディパル中期ビジョン All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 29/30 0:13:23.2 経営理念 流通価値の創造を通じて 人々の健康と社会の発展に貢献します。 All rights reserved, 2018 Copyright MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Corporate Planning and Public Relations Department 30/30 ご参考(用語解説) ※ 1 :ファブリー病: ライソゾーム中の「 α ガラクトシダーゼ A 」と呼ばれる酵素が生まれつき欠損、 またはその働きが低下していることによって発症する疾患。 腎不全、心不全、脳梗塞、四肢の激痛発作、消化器症状、うつ症状などの 精神症状、皮膚や呼吸器の障害などを引き起こす。 患者数は日本国内で約 800 名、全世界で 18,000 名。( JCR ファーマ推計) ※2:ハンター症候群: ライソゾーム中の「イズロン酸2-スルファターゼ(IDS)」と呼ばれる酵素が 生まれつき欠損、またはその働きが低下していることによって発症する疾患。 さまざまな臓器や組織が次第に損なわれていく進行性の病気で、軽症例では 成人期まで達するが、重症例の寿命は10~15歳といわれる。 患者数は日本国内で100~200名、全世界で約2,000名。( JCR ファーマ推計) 渡辺 秀一 " , "長福 恭弘" , "依田 俊英 代表取締役社長" , "専務取締役(株式会社メディセオ 代表取締役社長)" , "常務取締役