_

_


OK

OK
0:00:00.0 東証1部(4733) 勘定奉行の 株式会社 オービックビジネスコンサルタント 2019年3月期 第2四半期決算説明会 2018年10月30日 0:00:12.3 2019年3月期 第2四半期決算の概要 1 1 0:00:17.9 2019年3月期 第2Q決算の概況 売 上 高 前年同期比 18.6%増 【売上高、営業利益の推移】 (百万円) 売上高 11,000 営業利益 13,012 ソリューション売上が前年同期比1,419百万円増(49.7% 増)、サービス売上が同621百万円増(9.3%増)となり、 売上高合計では同2,042百万円増(18.6%増)となった。 売上総利益 前年同期比 18.9 %増 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 10,971 4,519 5,270 3,995 4,000 ?原材料費が198百万円増加 営業利益 前年同期比 31.9%増 2,000 0 17/3 第2Q 18/3第2Q 19/3第2Q ?販管人件費が174百万円、研究開発費が106百万円、その他経費の増加が 127百万円等により、販売費及び一般管理費が472百万円増加 経常利益 前年同期比 12.8%増 ?受取配当金が453百万円発生 当期利益 前年同期比 33.5%増 ?投資有価証券売却益(特別利益)1,408百万円を計上 2 0:02:21.9 2019年3月期 第2Q決算の概要 18/3期 第2Q (百万円) 構成比(%) 19/3期 第2Q 期初予想 19/3期 第2Q 構成比(%) 前期比(%) 売 上 高 10,971 9,234 5,239 3,995 1,102 100.0 84.2 47.8 36.4 10.0 11,600 9,800 5,300 4,500 500 13,012 10,981 5,711 5,270 479 100.0 84.4 43.9 40.5 3.7 18.6 18.9 9.0 31.9 △56.5 売 上 総 利 益 販 売 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 損 益 経 当 常 期 利 利 益 益 5,097 3,710 46.5 33.8 5,000 4,372 5,749 4,953 44.2 38.1 12.8 33.5 3 0:03:14.1 部門別売上高 18/3期 第2Q (百万円) 構成比(%) 19/3期 第2Q 期初予想 19/3期 第2Q 構成比(%) 前期比(%) ソリューション 関 連 製 品 サ 合 ソリューション 2,855 1,432 6,684 10,971 26.0 13.1 60.9 100.0 3,100 1,400 7,100 11,600 4,274 1,433 7,305 13,012 32.8 11.0 56.2 100.0 49.7 0.1 9.3 18.6 ー ビ ス 計 ? 奉行V ERP及び奉行NETWORK Editionのバージョンアップ需要が大幅に増加 ? IT導入補助金の累計決定数(二次公募まで)は、246件・受注金額は96百万 関連製品 ( 百万円 ) 【ソリューション、サービスの推移】 ソリューション 6,353 サービス 8,000 7,000 6,000 ?奉行連動ソリューションが106百万円増加、それ以外の 項目が合わせて同額減少したため前年同期比で横這い サービス 6,684 7,305 5,000 4,000 3,000 2,000 3,214 2,855 4,274 ?奉行保守契約料等が525百万円増加※ ?インストラクター指導料収入が111百万円増加 1,000 0 17/3 第2Q 18/3第2Q 19/3 第2Q ※奉行Edgeの増加を含む 4 0:04:28.0 ソリューション別出荷数量(本数ベース、バージョンアップ含む) 18/3期 第2Q (単位:本) 構成比(%) 19/3期 第2Q 構成比(%) 前期比(%) 奉 行 V E R P 550 2,008 4,876 7.1 25.8 62.8 1,034 2,757 6,640 9.6 25.6 61.8 88.0 37.3 36.2 NETWORK Edition Standalone J 合 シ ス テ ム 計 334 7,768 4.3 100.0 322 10,753 3.0 100.0 △3.6 38.4 ※新ERPはNetwork Editionに含んでいます(18/3期 第2Q 106本、19/3期 第2Q 129本) 前年との比較 新規本数 奉 行 V E R P 35.0%増加 10.5%減少 2.4%増加 2.7%減少 NETWORK Edition バージョンアップ本数 143.0%増加 52.2%増加 49.1%増加 9.7%減少 Standalone J シ ス テ ム ※新ERPはNetwork Editionに含んでいます(新規 63.0%減少、バージョンアップ 50.6%増加) 5 0:06:35.8 EBソリューション ?都銀向けOEM製品 ? 2018年7月末稼働本数:21,982本 ? 2017年7月末稼働本数:23,530本 ?地銀向けOFFICEBANK ? 当期出荷本数:280本(前年同期:396 本) 提携先 U F J 銀 行 東 京 三 菱 銀 行 商品名 U-LINE Xtra せるふバンク 提供時期 1998年5月 2000年5月 三 井 住 友 銀 行 み ず ほ 銀 行 パソコンバンク・ナビ・ジュニア みずほ2000 2000年9月 2000年9月 ≪EBソリューション≫ Electronic Bankingの略。企業や家庭のコンピュータと金融機関とを通信回線で結び、 オフィス・自宅にいながらにして金融機関のサービスを利用すること。 6 0:07:39.6 販売費及び一般管理費の内訳 18/3期 第2Q (百万円) 構成比(%) 19/3期 第2Q 構成比 (%) 前期比 (%) 売 上 高 10,971 5,239 100.0 47.8 13,012 5,711 100.0 43.9 18.6 9.0 販売及び管理費 販管人件費 研究開発費 広告宣伝費 地 代 家 賃 減価償却費 その他経費 注)伸率は前年同期比増減率 ? 1,737 1,220 429 228 169 1,456 15.8 11.1 3.9 2.1 1.5 13.3 1,911 1,326 439 266 186 1,583 14.7 10.2 3.4 2.0 1.4 12.2 10.0 8.7 2.3 16.7 10.1 8.7 販管人件費、研究開発費の増加要因 ? 新入社員の増加(前期43名、今期67名) ? 上期の売上実績に対して、業績手当を97百万円支給 ? その他の経費の主な増減項目 ? ? ? 展示会費54百万円増・・・奉行フォーラムを例年より1ヶ月前倒しで9月より開催 販売促進費25百万円増・・・IT導入補助金活用セミナーを開催 支払手数料24百万円増、旅費交通費16百万円増 7 0:08:09.2 貸借対照表-資産の部 18/3 (百万円) 18/9 増 減 現金預金 流 動 資 産 受取手形 売掛金 たな卸資産 その他 貸倒引当金 固 定 資 産 有形固定資産 無形固定資産 投資その他の資産 資産合計 87,123 1,599 6,580 187 504 △13 537 454 26,949 123,920 92,016 1,348 4,723 213 210 △22 474 427 29,619 129,008 4,893 △251 △1,857 26 △294 △9 △63 △27 2,670 5,088 8 0:08:47.6 貸借対照表-負債・資本の部 18/3 (百万円) 18/9 増 減 買掛金 未払金 未払法人税等 前受収益 退職給付引当金 その他 244 499 2,232 10,858 1,651 3,172 18,656 222 571 1,880 9,143 1,785 4,588 18,189 △22 72 △352 △1,715 ※ 134 1,416 △467 負債合計 資本金 10,519 18,949 71,557 9,588 △5,349 105,264 123,920 10,519 18,949 75,008 11,692 △5,349 110,819 129,008 0 0 3,451 2,104 0 5,555 5,088 9 資本剰余金 利益剰余金 有価証券評価差額金 自己株式 資本合計 負債・資本 ※17/9期残高 8,058千円 0:09:35.4 キャッシュ・フロー サマリー 18/3 8,116 18/9 主な増減理由 7,159 221 2,107 290 △1,715 △2,125 (百万円) 営業活動によるキャッシュ・フロー 4,774 税引前利益 減価償却費 売上債権減少額 未払費用増加額 前受収益減少額 法人税等支払額 その他 投資活動によるキャッシュ・フロー 516 1,622 投資有価証券の売却等 有形固定資産の取得 無形固定資産の取得 その他 財務活動によるキャッシュ・フロー 現金及び現金同等物の増加額 △2,819 5,813 △1,503 配当金支払 4,893 △1,163 1,780 △43 △120 5 △1,503 現金及び現金同等物期首残高 現金及び現金同等物期末残高 81,300 87,113 87,113 92,006 10 0:09:41.7 2019年3月期 事業計画 11 11 0:09:50.8 計画の前提 売上高 前年同期比17.0%増 (百万円) 上期(実績) 275億円 (参考:前期実績) 下期(計画) 通期計画 前上期 前下期 ソ リ ュ ー シ ョ ン 4,274 1,433 7,305 13,012 4,988 1,800 7,700 14,488 9,262 3,233 15,005 27,500 2,855 1,432 6,684 10,971 3,725 1,756 7,062 12,543 関 サ 合 連 ー 製 ビ 品 ス 計 営業利益 前年同期比 18.1%増 115億円 ?販売費及び一般管理費の計画は、上期の5,710百万円の実績に対して下期は上期実績+αの 5,890百万円に設定。 経常利益 前年同期比 11.6%増 125億円 ?上場リートからの配当金収入は下期も発生 当期利益 前年同期比 12.9%増 92.3億円 12 0:10:57.4 2019年3月期 通期事業計画 18/3期 (百万円) 構成比 (%) 19/3期 計画 構成比 (%) 増減額 前期比 (%) 売 上 高 23,513 19,844 10,107 9,737 1,461 100.0 84.4 43.0 41.4 6.2 27,500 23,100 11,600 11,500 1,000 100.0 84.0 42.2 41.8 3.6 3,987 3,256 1,493 1,763 △461 17.0 16.4 14.8 18.1 △31.6 売 上 総 利 益 販 売 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 損 益 経 当 常 期 利 利 益 益 11,198 8,172 47.6 34.8 12,500 9,230 45.5 33.6 1,302 1,058 11.6 12.9 19/3期の法人税等実効税率:30.6% 13 0:11:57.6 部門別売上高 18/3期 (百万円) 構成比 (%) 19/3期 計画 構成比 (%) 増減額 前期比 (%) ソ リ ュ ー シ ョ ン 関 サ 合 連 ー 製 ビ 品 ス 計 6,580 3,188 13,745 23,513 28.0 13.6 58.4 100.0 9,262 3,233 15,005 27,500 33.7 11.8 54.5 100.0 2,682 45 1,260 3,987 40.8 1.4 9.2 17.0 ? 奉行V ERP、奉行NETWORK Editionのバージョンアップに加え、 ソリューション 下期からは奉行Standaloneのバージョンアップが本格化 ? 消費税改正に伴う需要が発生 ? 前年同期比で横這い 関連製品 サービス ? 9月末におけるB/S上の前受収益が前年同期比1,084百万円増加 ? 奉行Edgeが、徐々に収益に寄与 14 0:12:45.3 業績の推移(半期ベース) 売上高 営業利益 (営業利益:百万円) (売上高:百万円) 16,000 14,488 8,000 7,000 6,000 6,230 6,113 5,270 5,000 4,000 3,000 2,000 1,000 0 14/3 14/9 15/3 15/9 16/3 16/9 17/3 17/9 18/3 18/9 19/3E 14,000 12,000 10,000 8,000 3,543 6,000 4,000 2,000 0 11,843 5,837 12,290 11,585 10,817 10,327 4,926 4,227 12,543 10,971 13,012 11,000 5,435 4,519 3,995 9,011 5,014 15 0:13:44.9 品目別売上高(半期ベース) (単位:百万円) サービス ソリューション 関連製品 9,000 8,000 7,700 サービス 7,000 5,955 6,000 5,000 7,305 6,353 6,678 6,684 7,062 4,811 4,102 4,916 5,051 5,139 5,237 ソリューション 4,988 4,000 3,000 2,000 2,107 1,000 3,814 3,548 2,780 2,595 1,542 1,864 3,746 3,214 3,804 3,725 4,274 2,855 1,884 1,365 1,433 1,808 1,432 1,755 1,433 1,800 1,544 関連製品 0 13/9 14/3 14/9 15/3 15/9 16/3 16/9 17/3 17/9 18/3 18/9 19/3E 16 0:14:17.5 ソリューションの出荷数量(半期ベース) (単位:本) Standalone NETWORK VERP Jシステム 20,000 18,331 18,000 16,000 14,213 14,000 12,000 10,000 8,000 単価が高いNetwork・ VERPの出荷が伸びる 10,969 9,887 8,733 8,636 8,812 11,096 6,622 6,000 4,108 6,640 4,876 2,281 2,873 814 554 4,000 2,000 0 1,536 2,706 859 428 1,985 471 659 2,515 2,348 493 415 2,456 625 431 2,008 550 334 2,641 828 354 2,757 1,034 322 459 13/9 792 673 915 492 14/3 14/9 15/3 15/9 16/3 16/9 17/3 17/9 18/3 18/9 17 0:15:10.4 2019年3月期 事業戦略 18 18 0:15:17.4 OBCのクラウド戦略 職業専門家とのコラボレーション、APIによるデータ連動・アプリケーション連携を推進 金融機関・銀行取引自動連携・電子取引・電子帳簿など業務の自動化の推進 マイクロソフトのプラットフォームで実現する安心・安全な業務環境を提供する 19 0:18:23.8 1.つながるひろがるコネクティビティの実現 クラウドでデータの共有や連携ができるようになると 今まで必要だった業務がなくなる つながり、ひろがるクラウドで生産性を向上 データが自動的につながれば、 データ受入や入力作業が なくなる 税理士等の 専門家とつながる 「専門家ライセンス」 人がクラウドでつながれば、 情報共有のための やり取りがなくなる 様々なアプリや データとつながる 「奉行クラウドAPI version」 ※ 奉行クラウドAPI Version :API (Application Programming interface )を実装した奉行クラウド製品。他のシステムとの自動連携を実現し、二重入力等の業務負荷を削減できるシステム。(2018年7月27日リリース) 20 0:18:36.8 2.業務の自動化の実現(RPA) 業務クラウドを選ぶと、企業の業務に具体的な変化が起きる 利便性の向上 業務プロセスが減り、業務が効率化 先進的な技術により 業務を自動化 つながる仕組みによって 業務そのものがなくなる 将来性 将来、業務そのものを変えていく クラウドであらゆる業務やデータがつながり、 自動的にプロセスが流れるように変わる データ自動連携 業務を自動化 データ活用・連携 自動チェック 自動起票 入出金データ 取引データ 申告データ 拠点 本社 資料作成 外出先 取引データ マスタデータ 情報を共有する業務が不要に 分析データ AI:Artificial Intelligence 人工知能 RPA:Robotic Process Automation ロボットによる業務の自動化 21 0:19:07.6 3.強固で安心・安全なセキュリティの実現 災害時にも安心のサービス体制に加え、 リソースの自動調整により、常に高いパフォーマンスを維持 世界トップレベルのセキュリティで安心 マイクロソフトの 国内データセンターのみで 災害復旧対策を実現 ?日本国法に準拠 ?事業継続計画/災害復旧(BCP/DR※)対策に貢献 ※ディザスターリカバリー 繁忙期の業務増加にも 高いパフォーマンスを維持 ?常にリソース利用状況を監視 ?自動的に負荷分散 月間稼働率99.9% を保証 ※1 ?「Microsoft Azure」のSLA※2にて月間稼働率をコミット ※1 奉行クラウドが採用している「Azure SQL Database」の月間稼働率 ※2 サービスレベルアグリーメント 奉行クラウドは、累計56万社※のお客様が安心・快適に業務ができる大規模クラウドプラットフォーム ※ 奉行シリーズの累計導入社数は56万社(2018年3月現在) 22 0:21:18.4 OBCのクラウドへの変遷【3ステージ】 着実にクラウド化のステップを実現 Stage3 中 堅 企 業 Stage2 Stage1 中 小 企 業 8つのパブリッククラウド対応 奉行VERPを中心に導入 企業の業務プロセスに対応 12種類のサービスを提供 約500万人のユーザー 世界トップレベルのセキュリティ ひろがるつながる 抜群の操作性とスピード実現 23 0:24:58.5 奉行クラウドに関連した上期活動 1.TVCMの放映「奉行クラウド誕生」 3.マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2018 Application Innovation Award 最優秀賞を受賞 Microsoft Azureを採用した『奉行クラ ウド』・『奉行クラウドEdge』の開発・取り 組みで、基幹業務系システムのクラウド化 が評価され、受賞に至りました。 4.奉行クラウドAPI Version 第一段 「勘定奉行クラウド&スマレジ連携」 2.奉行クラウドフォーラムの開催 スマレジ:株式会社スマレジ社が提供するクラウドPOSレジシステム 5.国内約1,200の金融機関。MoneyLookとの 連携による仕訳自動化の実現 MoneyLook:SBIビジネス・ソリューションズ株式会社が提供する金融機関サイトへの自動ログイン、自動記帳サービス 6.販売管理にこそクラウドの力を! 「商奉行クラウド」をリリース 全国12会場 15,000人来場目標 24 0:27:41.8 2018~2019年度 主な活動スケジュール 2018年 4月 10月 2019年 4月 10月 2020年 4月 一次4月/二次6月/三次8月 ●2018年4月~9月 新 規 顧 客 IT導入補助金 ★補助金に限りがあるた め早期獲得がカギ ★十分な準備と早期・ 提案準備が必要 消費税需要に対応する為に 需要が集中し リソース不足が 予測される ●2019年10月(予定) 消費税10% 軽減税率 ●2020年以降(予定) 法人税電子申告義務化(大企業) ★元号改定 システム 対応準備 ●2019年5月1日(予定) 元号改定 消費税・働き方改革法案 直近対策セミナー (1月~8月) 働き方改革 ●2019年4月1日(予定) 労働基準法改訂 ●2019年4月末 奉行i&V後期版サポート終了 既 存 顧 客 サポート終了対象製品のバージョンアップ推進活動 ・奉行10へのバージョンアップ ・+1による拡張提案 ・奉行クラウドへの移行 奉行ユーザー向け施策 対象件数 21,500件 対象件数 31,900件 ●2019年7月末 奉行8系 SQL2008R2版 データベースサポート終了 シ ス テ ム 環 境 奉行クラウドNewリリース ●3/6 勘定・給与クラウド ●10/9 商奉行クラウド ●2019年4月 蔵奉行クラウド ●2019年7月 SQL2008R2 サポート終了 ●2019年1月 債権管理クラウド ●2019年1月 債務管理クラウド ●2020年1月 Windows7 Windows Server 2008 R2 サポート終了 25 0:31:35.5 本日はありがとうございました。 本資料には、将来の業績に関る記述が含まれています。こうした記述は、将来の業績を保証す るものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。将来の業績は、経営環境の変化などによ り、計画数値と異なる可能性があることにご留意ください。又、本資料は情報の提供のみを目的 としており、取引の勧誘を目的としておりません。 www.obc.co.jp 26 和田 成史 代表取締役社長