_

_


OK

OK
0:00:00.0 積水化学工業株式会社 2016年度 (2017年3月期) 決算説明会 代表取締役社長 髙下 貞二 2017年4月27日 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 0 0:00:10.0 2016年度実績および 2017年度計画 2015年度 実績 為替レート *期中平均 \120/US$ \133/? 2016年度 実績 \108/US$ \119/? 2017年度 計画 \113/US$ \121/? Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 1 0:00:16.0 2016年度 損益概要 ?為替影響、事業構造改革等により減収も、各段階の利益で過去最高を更新 ?期末配当を、計画に対して3円増配(うち1円は創立70周年記念配当) (億円) 2015年度 実績 売上高 2016年度 実績 増減 2016年度 計画 (1月公表) 差異 10,963 898 812 567 30 10,658 965 915 609 35 ▲305 +67 +103 +42 +5 10,670 960 920 590 32 ▲12 +5 ▲5 +18 +3 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する 当期純利益 配当 (円/株) Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 2 0:01:03.9 2016年度 カンパニー別売上高・営業利益 ?3カンパニーとも増益達成。高機能P、環境LLは最高益更新 ? 高機能P:為替影響を数量・構成等でオフセット ? 住宅:上期、下期とも増収増益確保し、増益基調に復帰 ? 環境LL:ポートフォリオ改革効果発現により、大幅増益 2015年度 実績 (億円) 売上高 営業利益 2016年度 実績 売上高 営業利益 増減 売上高 営業利益 2016年度 計画 (1月公表) 売上高 営業利益 差異 売上高 営業利益 高機能P* 住 宅* 環境LL* その他 消去又は全社 合計 3,786 4,734 2,263 383 ▲203 10,963 534 364 36 ▲31 ▲5 898 3,575 4,850 2,403 27 ▲198 10,658 545 375 128 ▲76 ▲8 965 ▲210 +115 +141 ▲356 +5 ▲305 +12 +12 +92 ▲46 ▲4 +67 3,560 4,860 2,420 30 ▲200 10,670 540 380 120 ▲70 ▲10 960 +15 ▲10 ▲17 ▲3 +2 ▲12 +5 ▲5 +8 ▲6 +2 +5 *高機能P=高機能プラスチックスカンパニー *住宅=住宅カンパニー *環境LL=環境・ライフラインカンパニー Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 3 0:01:38.0 2016年度 売上高、営業利益増減要因分析 ?為替影響を、数量・構成、スプレッド拡大などにより完全にオフセット 売上高 対前年 為替影響▲301億円 事業構造改革▲232億円 営業利益増減要因分析 数量・ 構成 (海外) 数量・ 構成 (国内) 為替 2016年度 計画値 (1月) 売値 原料・ CR等 固定費他 ▲305億円 ▲90 +94 ▲45 ▲36 +99 +44 960 10,963億円 10,670億円 10,658億円 ▲89 +101 ▲50 +41 ▲40 +103 965億円 +67億円 898億円 2015年度 2016年度 計画(1月) 2016年度 2015年度 営業利益 ? 高機能P:4戦略分野*を中心に、海外数量・構成増 ? 原料・CR vs 売値のスプレッド拡大 2016年度 営業利益 ? 為替、構造改革影響を除くと増収を確保 120円/$ 133円/? 108円/$ 119円/? 108円/$ 119円/? 為替 レート ? 環境LL:ポートフォリオ改革効果を中心に、固定費削減 *エレクトロニクス、車輌・輸送、住インフラ材、ライフサイエンス Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 4 0:02:12.4 2017年度計画 概要 ?9期連続営業増益、5期連続最高益更新を達成し、中期経営計画(営業利益1200億円・ 営業利益率10%)達成のための足場固めを行う 業績推移 (億円) 12000 2200 2009年度-2013年度 GS21-SHINKA! 11,109 10,324 10000 2014年度-2016年度 SHINKA!-Advance 2016 11,127 10,963 10,658 2017年度-2019年度 SHIFT 2019 -Fusion11,040 12,000 1700 8,585 9,155 9,651 10.9% 8.1% 9.4% 7.8% 7.4% 7.7% 858 460 10.9% 11.3% 9.1% 965 545 11.3% 9.2% 12.0% 10.0% 1,200 650 売上高 8000 6.9% 4.2% 5.4% 3.5% ROE 営業利益率 8.2% 898 534 1200 6000 1,020 580 500 180 2019年度 中期計画 2019年10月 消費増税 <8→10%> 5.7% 546 206 311 30 2011年度 5.8% 596 232 363 18 2012年度 825 361 411 65 2013年度 4000 700 高機能P* 住宅* 環境LL* 0 2000 200 360 192 194 ▲24 2009年度 -300 493 244 244 15 2010年度 413 13 2014年度 364 36 2015年度 2015年 375 128 2016年度 390 145 2017年度 計画 2017年1月 米新政権 誕生 2017年度 *2017年度は前提 その他 外部環境 為替レート* (期中平均) 2008年10月 リーマンショック 2008年度 2011年3月 2011年9月 2014年4月 消費増税 <5%→8%> 2012年度 \83/US$ 2015年 2016年1月 急速な 円高進行 2016年度 東日本大震災 欧州債務危機 発生 深刻化 2010年度 \87/US$ 2011年度 \80/US$ 中国景気 資源価格の 減速懸念台頭 下落 2013年度 2014年度 2009年度 2015年度 \103/US$ \94/US$ \100/US$ \110/US$ \120/US$ \108/US$ \113円/US$ Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 5 0:02:48.5 2017年度計画 カンパニー別売上高・営業利益 ?3カンパニーとも増収増益、高機能P、環境LLは連続最高益更新を狙う ? 高機能P:引き続き数量・構成の拡大を加速し、全社成長をけん引する ? 住宅:増収増益。受注増により、期末集中を緩和 ? 環境LL:国内・海外とも限界利益増による増益を狙う 2016年度 実績 (億円) 売上高 営業利益 売上高 2017年度 計画 営業利益 売上高 増減 営業利益 高機能P 住 宅 環境LL その他 消去又は全社 合計 3,575 4,850 2,403 27 ▲198 10,658 545 375 128 ▲76 ▲8 965 3,750 5,000 2,430 60 ▲200 11,040 580 390 145 ▲85 ▲10 1,020 +175 +150 +27 +33 ▲2 +382 +35 +15 +17 ▲9 ▲2 +55 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 6 0:02:57.7 2017年度計画 売上高、営業利益増減要因分析 ?原料高影響を極小化し、数量・構成増を中心に大幅増益を作る 売上高 為替影響 事業構造改革 (対前年) 影響(対前年) ▲108億円 ▲114億円 営業利益増減要因分析 +382億円 為替 数量・ 数量・ 構成 構成 (海外) (国内) 売値 原料・ CR等 固定費他 10,658億円 11,040億円 +20 +93 +53 +26 ▲54 ▲82 うち原料 ▲86 1,020億円 965億円 +55億円 2016年度 2017年度計画 2016年度 営業利益 ▲25億円 2017年度 営業利益 計画 ? 高機能P:4戦略分野を中心に、海外数量・構成増 為替 レート 108円/$ 119円/? 113円/$ 121円/? ? 原料高影響大。売値、CRでヘッジも、効果発現遅れる ? 研究開発費増 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 7 0:03:42.5 2017年度計画 損益概要 ?大幅増収、各段階の利益で連続最高益更新を狙う ?8期連続増配を計画 (億円) 2016年度 実績 売上高 2017年度 計画 増減 10,658 965 915 609 35* 11,040 1,020 970 630 38* +382 +55 +55 +22 +3 *うち各1円は創立70周年記念配当 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する 当期純利益 配当 (円/株) Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 8 0:04:06.4 株主還元 ?自己株式取得 上限800万株 160億円 (2017年4月28日~2018年3月30日) ?自己株式消却 1000万株を実施 (2017年5月25日予定) Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 9 0:04:31.7 高機能プラスチックスカンパニー 2016年度実績 ?為替逆風のなか、4戦略分野*を中心に「数量・構成」大幅増、スプレッド拡大も寄与し、 カンパニー最高益を更新 売上高 対前年 為替影響 ▲268億円 構造改革 ▲86億円 営業利益増減要因分析 連結 増減 2016年度 計画値 (1月) 為替 ▲87 ▲86 数量・ 構成 +98 +108 売値 ▲29 ▲30 原料・ CR等 固定費 +62 +61 ▲27 ▲30 ▲210億円 ▲10 ▲11 540 3,786億円 3,560億円 3,575億円 スプレッド 拡大 534億円 2015年度 2016年度 計画(1月) 2016年度 2015年度 営業利益 +12億円 545億円 2016年度 営業利益 ? 実質ベースでは増収を確保 120円/$ 133円/? 108円/$ 119円/? 108円/$ 119円/? 限界利益 +139億円 為替 レート *エレクトロニクス、車輌・輸送、住インフラ材、ライフサイエンス Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 10 0:05:02.9 高機能プラスチックスカンパニー 2017年度計画概要 ?4戦略分野を中心に「数量・構成」大幅増により、カンパニー最高益更新を狙う 売上高 積水フィルム 連結除外 +175億円 ▲52億円 (対前年) 営業利益増減要因分析 連結 増減 ▲1 為替 +18 数量・ 構成 +83 売値 +1 原料・ CR等 固定費 ▲23 ▲42 3,575億円 3,750億円 原料▲43 CR+20 580億円 545億円 2016年度 2017年度計画 2016年度 営業利益 +35億円 2017年度 営業利益 計画 限界利益 +61億円 前提 ? 原料高影響を、売値維持、CRで極小化 ? 戦略投資積極化、開発をさらに強化 為替 レート 108円/$ 119円/? 113円/$ 121円/? Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 11 0:05:32.0 高機能プラスチックスカンパニー 戦略4分野 ?車輌・輸送分野を中心に、各分野とも市場を超える成長を狙う 戦略4分野の売上高と2017年度重点施策 エレクトロニクス ? LCD市況はボトムアウト。 TV向けは堅調に推移、モバイル端末 向けはOLED化進む ? 主力製品のシェアアップと強化領域(半導体、OLED、カーエレ) に注力 (億円) 車輌・輸送 ? 高機能品の需要拡大が加速(採用車種、部位) ? 高機能品をさらに拡販、高機能中間膜メキシコ増産開始(下期) (億円) 537 2015年度 501 105% 525 2016年度 2017年度 計画 580 2019年度 中期計画 975 2015年度 957 112% 1,075 2016年度 2017年度 計画 1,060 2019年度 中期計画 住インフラ材 ? 塩素化塩ビ樹脂:中東向け需要が底打ち。インド、米州での シェアアップに注力 ? 耐火材:国内既存分野は堅調。用途展開、海外展開進める (億円) ライフサイエンス ? 検査市場は中国を中心に拡大 ? グローバルで検査事業(試薬、機器)拡大、エーディア社 統合シナジー発現 (億円) 576 2015年度 568 103% 586 2016年度 2017年度 計画 630 2019年度 中期計画 718 2015年度 713 104% 739 860 2019年度 中期計画 12 2016年度 2017年度 計画 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 0:06:56.5 高機能プラスチックスカンパニー 成長強化領域等 ?成長強化領域の伸長、新製品・新事業を成長エンジンとする 成長強化領域 ? 80億円の売上増分を狙う 戦略分野 エレクトロニクス 実装・半導体 材料 OLED関連部材 開発・上市加速 車輌・輸送 住インフラ材 ライフサイエンス M&A ? 「ポリマテック・ジャパン株式会社グループ」経営権取得 ? 事業内容:車輌およびエレクトロニクス関連部品 の製造・販売 ? スキーム:91%株式取得(9%:稲畑産業株式会社) ? シナジー効果: 1) カーエレクトロニクス領域展開加速 2) 技術融合 3) マーケティング面での協業 主な製品 新機能中間膜 内装部材 高機能品化 採用部位拡大 海外インフラ材料 海外検査薬 高機能PVA 海外創薬支援 断熱+不燃材料 新規原薬 顧客開拓 グローバル 一体経営 展開 新製品・新事業 ? 新製品: 開発・上市のスピードアップ ? 新事業: 実装・半導体関連材料の売上拡大 新製品売上高 *上市後5年以内の製品を新製品と定義 海外売上高 ? 分野別マーケティングの強化 米州 欧州 アジア 売上比率 新事業売上高 (億円) (億円) 62% 2,322 1,076 62% 2,347 1,052 591 703 2015年度 61% 2,194 1,027 531 636 2016年度 65% 2,420 1,166 574 679 2017年度計画 13 (億円) 339 2016年度 306 2017年度計画 16 2016年度 21 2017年度計画 561 685 2014年度 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 0:07:37.0 住宅カンパニー 2016年度実績 ?住宅:受注高増(103%*)。売上棟数増により、増益基調に復帰 ?リフォーム:震災影響により、受注高減(97%*)、減収減益 ?フロンティア国内・海外:成長スピードに課題 売上高 営業利益増減要因分析 限界 売上 利益 要因 要因 固定 限界 費 利益 固定 費 限界 固定 利益 費 限界 固定 利益 費 +115億円 +32 ▲45 4,734億円 4,860億円 4,850億円 +25 売上高 ▲35億円 ▲9 +1 +9 ▲3 0 +2 375億円 364億円 2015年度 営業利益 住宅 +12億円 リフォーム 2015年度 2016年度 計画(1月) 2016年度 +12億円 ▲8億円 フロンティア 国内 フロンティア 海外 2016年度 営業利益 +6億円 +2億円 *前年同期比 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 14 0:08:15.9 住宅カンパニー 2017年度計画概要 ?住宅:売上棟数増。3大都市圏中心に営業・モデルハウス強化 ?リフォーム:16年度並みを維持。受注回復と施工体制整備により、期末集中緩和を図る ?フロンティア国内・海外:成長のための体制強化を行う 事業別売上高 住宅 リフォーム フロンティア国内、海外 売上棟数 350棟増 限界 売上 利益 要因 要因 固定 限界 費 利益 固定 費 限界 固定 利益 費 限界 固定 利益 費 営業利益増減要因分析 +150億円 (億円) 4,850 574 969 5,000 605 970 +43 ▲14 ▲18 0 0 +4 ▲2 +1 +1 うち部材 ▲20 375億円 3,307 3,425 2016年度 営業利益 住宅 +15億円 リフォーム フロンティア 国内 フロンティア 海外 390億円 +11億円 289→ ±0億円 73→ +2億円 22→ +2億円 ▲8→ 2017年度 営業利益 計画 2016年度 2017年度計画 300億円 73億円 24億円 ▲6億円 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 15 0:09:03.2 住宅カンパニー 新築住宅受注 ?「70周年記念商品」、「スマートハウス強化」、「土地・分譲」により、シェアアップを狙う 市場環境 ? 市場基調に大きな変化なし、金利先高感が下支え ? ファーストバイヤーによる分譲住宅需要は堅調に推移 ? スマートハウス化は着実に進む(2020年度ZEH標準化) 95%* 104%* 受注計画 新築受注棟数の推移 2015年度 2016年度 2017年度計画 通期108% *いずれも前年同期比 10月度:90% (荒天による9月度大幅集客減) 11-3月度:102% 105%* 105%* 100%* 110%* ? モデルハウスリニューアル、発掘源多様化等により、 2016年度4Qは集客増(105%*) *前年同期比 (棟) 2017年度受注獲得施策 ? 「70周年記念商品」を順次投入 商品戦略 上期 下期 ? 木質系:ボリュームゾーン(2000万円以下の価格帯)攻略新商品 ? 鉄骨系:2階建て自給自足型スマートハウス(外観デザイン刷新)、都市部向け3階建て ? 共通:エネルギー自給自足提案強化 土地・分譲 リソース拡充 ? 販売用土地区画数 129%* ? 建売契約計画 140%* ? 営業増員 3大都市圏を中心に100名増* ? モデルハウス 3大都市圏を中心に30ヶ所リニューアル Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. *前年同期比 *前年同期比 16 0:10:46.0 住宅カンパニー リフォーム、フロンティア、海外 リフォーム事業 商材別受注高 (億円) フロンティア国内 事業別売上高 賃貸管理の指標 戸当り営業利益 38千円 管理戸数 42千円 954 294 1,020 369 1,110 543 60 507 19年度 計画 不動産 (億円) 住生活サービス 750 150 50千円 戦略商材* ソーラー +75 69 億円 62 555 92 463 580 100 480 10万戸 4.5万戸 600 4.2万戸 591 16年度 589 17年度 計画 メンテナンス(塗装等) 16年度 17年度 計画 19年度 計画 16年度 17年度 計画 19年度 計画 ? 複合提案型営業スタイルへの転換 ? 築年別提案からライフステージ別提案への移行 ? ? 複合提案の強化 FIT終了後の自給自足提案(蓄電池バリエーション強化等) ? 東名阪不動産会社統合→東京エリアの高収益 モデルを水平展開 海外 ? 土地付き・分譲の本格展開 タイJV 販売棟数 400 200 134 16年度 17年度 計画 19年度 計画 ? 営業担当とアフターサービスの分業化 *戦略商材: エクステリア、新外壁、バス、キッチン、蓄電池、増築 ? 販売チャネルの多様化 ? CR推進(仕様の現地化等) Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 17 0:11:53.7 環境・ライフラインカンパニー 2016年度実績 ?ポートフォリオ改革効果により大幅増益、カンパニー最高益を更新 ? 国内 ? 海外 売上高 出荷平準化等による原価改善、スプレッド確保により、大幅に収益性改善 赤字事業の構造改革を完遂 営業利益増減要因分析 数量・ 構成 2016年度 計画値 (1月) 移管 固定費 事業 限界 利益 為替影響 (対前年) 対前年 為替影響 ▲30億円 ▲34 億円 移管事業 +354億円 構造改革 ▲146億円 売値 原料 CR 固定費 為替 +141億円 ▲16 +36 +1 +27 ▲ 4 +44 ▲3 +48 ▲3 +28 ▲7 120 2,420億円 2,263億円 2,403億円 +24 ▲5 ▲10 +14 +2 128億円 +92億円 36億円 2015年度 2016年度 計画(1月) 2016年度 2015年度 営業利益 国内 +54億円 海外 +38億円 2016年度 営業利益 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 18 0:12:08.1 環境・ライフラインカンパニー 2017年度計画概要 ?国内・海外とも、高付加価値製品拡販による限界利益増中心に、カンパニー最高益更新を狙う ? 国内 ? 海外 売上高 対前年 構造改革 ▲57億円 原料価格高騰分を売値、原価改善でヘッジ。重点拡大製品中心に「数量・構成」増 成長フェーズへ移行。高付加価値製品拡販により「限界利益」増 営業利益増減要因分析 +27億円 2,403億円 2,430億円 為替 数量・ 構成 売値 原料 CR 固定費 +2 +10 +25 ▲23 +11 ▲7 128億円 2016年度 2017年度計画 2016年度 営業利益 +17億円 145億円 限界利益 +23億円 2017年度 営業利益 計画 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 19 0:12:24.0 環境・ライフラインカンパニー 分野別の戦略 ?3分野とも増収を計画 3分野別の売上高と2017年度重点施策 配管・インフラ 機能材料 ? 建築、プラント数量増。原料価格高騰を売値でヘッジ 対前年 構造改革 ▲42億円 ? 高付加価値品の生産能力増強、拡販 (億円) (億円) 1,042 1,052 1,220 606 2016年度 656 2017年度計画 640 2019年度中期計画 2016年度 2017年度計画 2019年度中期計画 【参考: 新・戦略ポートフォリオ】 分野 戦略 配管・インフラ アジア プラント管材 建築管材 強プラ管 建築・住環境 内装 加飾シート 機能材料 航空・鉄道 豪・欧 新分野・素材 高級シート 建築・住環境 海外 豪・欧・米(SPR) アジア(マス・継手) ? 高付加価値製品の拡充と営業体制の強化 成長 樹脂畳 防音 材料 (億円) 559 2016年度 567 2017年度計画 610 2019年度中期計画 基盤 改革 高級住宅 介護 FFU土木 (金属代替) とい 管路 器材 (SEW.他) 更生 非住宅 塩ビ管材 とい FFU 建築管材 住宅 エクス (まくらぎ) FFU土木 (汎用) とい テリア (水処理) 土木PE 管材 住宅用 エンジ パネル ユニットバス タンク 国内へ CFRP ブロー容器 プレート材料 食品トレー アグリ Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 20 0:13:19.4 環境・ライフラインカンパニー 重点拡大製品、海外 重点拡大製品* 売上高 (億円) 国内売上高 うち重点拡大製品売上高 重点拡大製品売上高比率 ? ニーズを捉えた高付加価値製品投入 ? 首都圏インフラ整備:SEW等 ? 金属代替:建築管材、非住宅雨とい等 SEW 冷温水用樹脂配管 2,132 2,131 2,150 13% 275 2016年度 16% 347 2017年度計画 419 19% 2019年度 中期計画 *重点拡大製品: 主に「新・戦略 ポートフォリオ」 (前頁掲載)の 「成長」に属する 製品 エリア別(海外) 売上高 (億円) ?高付加価値製品増産とパートナーとの関係強化による アジア 豪州 米州 欧州 成長基盤整備 ? 高付加価値製品の生産能力増強(米州:シート) ? パートナー戦略を推進 ? 欧州:FFU ? アジア:配管・インフラ 航空機向けシート 272 16 51 57 149 2016年度 302 18 61 62 161 2017年度計画 320 21 77 65 156 2019年度 中期計画 ?中国水インフラ事業構造改革完了 21 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 0:14:28.0 2016年度 決算内容 取締役 常務執行役員 経営管理部担当 平居 義幸 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 22 0:14:31.8 連結対象会社数と増減影響 連結対象会社数 2016年3月末 連結会社 持分法会社 2017年3月末 増減 増加 0社 減少 12社 増加 1社 減少 1社 155社 8社 143社 8社 連結会社増減による影響額 (億円) 2016年度 増減 ? ? ? ? ? エーディア *1 Sekisui SPR Europe 関連 *2 積水フィルム*3 永昌積水*4 日本ノーディッグテクノロジー*5等 売上高 営業利益 2015年度第4四半期より新規連結 2015年度第4四半期より連結除外 *3 2016年度第2四半期より連結除外 *4 2016年度第3四半期より連結除外 *5 2016年度第4四半期より連結除外 *1 *2 ▲186億円 +8億円 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 23 0:14:59.9 損益概要 2015年度 (億円) 2016年度 増減 売上高 売上総利益 売上総利益率 販売費および一般管理費 営業利益 持分法投資損益 その他営業外損益 経常利益 特別利益 特別損失 税引前利益 法人税等 非支配株主に帰属する当期純利益 親会社株主に帰属する当期純利益 為替レート (期中平均) 10,963 3,458 31.5% 2,560 898 22 ▲108 812 108 140 780 202 11 567 120円 133円 10,658 3,535 33.2% 2,570 965 25 ▲74 915 69 156 829 210 11 609 108円 119円 ▲305 +77 +1.6% +11 +67 +3 +34 +103 ▲38 +16 +49 +7 0 +42 ▲12 ▲14 24 為替差益 23億円 株式売却益 事業譲渡損、 投資有価証券 評価損等 米ドル ユーロ Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 0:15:43.6 貸借対照表 -資産- (億円) 2016年 3月末 2017年 3月末 増減 現金及び預金 売上債権 棚卸資産 その他流動資産 有形固定資産 無形固定資産 投資有価証券 投資その他の資産 資産合計 680 1,760 1,508 397 2,700 437 1,683 196 9,360 1,099 1,641 1,536 386 2,618 396 1,569 193 9,436 +419 ▲119 +28 ▲12 ▲82 ▲41 ▲113 ▲3 +76 為替影響 売却、 時価評価等 ▲69億円 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 25 0:16:03.4 貸借対照表 -負債・純資産2016年 3月末 2017年 3月末 増減 (億円) 無利子負債 有利子負債 負債合計 資本金等 利益剰余金 自己株式 有価証券評価差額金 非支配株主持分 その他純資産 純資産合計 負債・純資産合計 3,395 523 3,919 2,092 2,957 ▲260 401 206 46 5,442 9,360 3,294 437 3,731 2,092 3,410 ▲410 395 208 11 5,705 9,436 ▲102 ▲86 ▲188 0 +454 ▲150 ▲6 +2 ▲36 +264 +76 当期純利益 609億円 配当金支払 ▲155億円 自己株式取得等 為替換算調整 ▲49億円 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 26 0:16:28.7 連結キャッシュ・フロー 2015年度 (億円) 2016年度 営業活動によるキャッシュ・フロー 投資活動によるキャッシュ・フロー 財務活動によるキャッシュ・フロー 現金及び現金同等物の増減額 現金及び現金同等物の期末残高 フリーキャッシュ・フロー =営業活動CF+投資活動CF-配当支払 714 ▲237 ▲417 31 671 334 1,082 ▲441 ▲396 228 899 481 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 27 0:16:44.7 減価償却費・資本的支出 減価償却費 2015年度 (億円) 資本的支出 増減 2015年度 2016年度 増減 2016年度 住 宅 環境LL 高機能P その他 消去又は全社 合計 80 64 181 13 9 347 89 64 177 8 10 348 +9 0 ▲4 ▲5 0 +1 144 85 235 25 10 497 135 67 208 21 10 439 ▲9 ▲18 ▲27 ▲4 0 ▲58 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 28 0:16:55.5 減価償却費・資本的支出・研究開発費 2016年度 (億円) 2017年度計画 増減 減価償却費 348 439 342 360 520 380 +12 +81 +38 資本的支出 研究開発費 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 29 0:17:17.5 2017年度計画 損益概要 2016年度 (億円) 2017年度計画 増減 売上高 10,658 965 915 609 35* 11,040 1,020 970 630 38* +382 +55 +55 +22 +3 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する 当期純利益 配当 (円/株) *うち各1円は創立70周年記念配当 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 30 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 31 スライドに記載されている見込、計画、見通しなど歴史的事実でないものは、 現在入手可能な情報から得られた当社経営者の判断に基づいて作成されております。 従って、実際の業績は、様々な重要な要素の変化により大きく異なる結果になりうる ことを、ご承知おきください。 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 32 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 33 住宅カンパニー実績・計画について 1. 住宅事業の主要データ 上期 売上高 (億円) 住宅 リフォーム フロンティア国内 不動産 住生活サービス 2016年度 下期 2,473 1,693 486 283 236 47 10 7,000 4,820 3,980 840 2,180 30.8 82.6 123.0 ‐ ‐ 30% 34% 通期 4,850 3,307 969 555 463 92 19 13,620 9,560 7,770 1,790 4,060 30.6 82.2 122.9 414 2,370 30% 35% 上期 2,339 1,560 502 258 212 46 18 6,480 4,630 3,660 970 1,850 30.6 80.5 125.4 425 2,503 26% 39% 2015年度 下期 2,396 1,625 502 260 216 44 9 6,900 4,780 3,800 980 2,120 30.1 80.9 122.8 ‐ ‐ 28% 37% 通期 4,734 3,185 1,004 518 428 90 27 13,380 9,410 7,460 1,950 3,970 30.3 80.6 124.1 413 2,395 27% 38% 2,377 1,614 483 272 227 44 8 6,620 4,740 3,790 950 1,880 30.4 81.8 122.7 412 2,522 30% 37% *建替え比率と紹介契約比率は受注ベース 連結 その他 海外 1.販売戸数 (戸) 戸建て ハイム ツーユー アパート 2.主なデータ 単価<全国販社・戸建> (百万円) 坪単価<全国販社・戸建> (万円) 床面積(㎡) 展示場数(棟) 営業マン数(人) 建替え比率(%)* 紹介契約比率(%)* Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 34 住宅カンパニー実績・計画について 2. 受注状況等 (百万円) 2017年度 上期 下期 通期 上期 2016年度 下期 通期 上期 2015年度 下期 通期 期初受注残 伸び率 新規受注 伸び率 請負売上高 伸び率 期末受注残 伸び率 206,000 ±0% 210,819 +4% 206,819 +3% 210,000 +1% 210,000 +1% 223,944 +8% 211,944 +1% 222,000 +8% 434,763 +6% 418,763 +2% 2016年度 205,500 +1% 202,457 +1% 200,457 +1% 207,500 +1% 207,500 +1% 207,529 +2% 209,029 +2% 206,000 ±0% 409,987 +1% 409,487 +2% - 204,300 ▲12% 199,914 ▲5% 198,714 ▲9% 205,500 ▲8% 205,500 ▲8% 204,391 +5% 204,391 ▲4% 205,500 +1% 404,304 ±0% 403,104 ▲7% 2014年度 3. 住宅着工戸数 (戸) 2015年度 通期 上期 下期 通期 上期 下期 通期 住宅着工戸数 上記での持ち家着工(=A) 当社販売戸数 当社戸建販売戸数(=B) 持ち家での当社シェア(=B/A) 500,151 152,836 6,620 4,740 3.1% 466,849 141,164 7,000 4,820 3.4% 967,000 294,000 13,620 9,560 3.3% 471,845 148,339 6,480 4,630 3.1% 448,692 136,102 6,900 4,780 3.5% 920,537 284,441 13,380 9,410 3.3% 880,470 278,221 14,490 10,120 3.6% *2016年度下期以降の“住宅着工戸数”と“上記での持ち家着工”は見通し 4. 高性能住宅仕様装着比率 上期 太陽光発電搭載 タイル外壁仕様(ハイムJXタイプ) 蓄電池搭載比率 快適エアリー 2016年度 下期 通期 上期 2015年度 下期 通期 2014年度 通期 77% 67% 21% 73% 78% 68% 27% 77% 78% 67% 24% 75% 80% 65% 27% 67% 79% 66% 23% 73% 79% 66% 25% 70% 82% 64% 27% 68% 35 Copyrightc SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. All Rights Reserved. 髙下 貞二" , "平居 義幸 代表取締役社長" , "取締役 常務執行役員 経営管理部担当